ゼクシィ縁結びカウンターに登録している年収の高い男性の見分け方|成婚率の上がるプロフィールの書き方は?

あなたにおすすめの婚活サービス
年収・高収入

みなさんこんばんは。

当サイト”会えるんです”をご覧いただきありがとうございます。

当サイトはアラサー男性に向けた婚活サイトの利用方法、アラサー男性が婚活中に悩むことについてのお役立ち記事に特化したサイトとなっています。

女性の方やアラフォー、アラフィフの男性の婚活に関しては参考にならない情報が多いと思います。アラサー男性以外の方は別の婚活サイト・婚活ブログを参照いただくようお願いします。アラフォー、アラフィフの方はこちらの記事がおすすめです。

ゼクシィ縁結びカウンターで婚活をしている方で、特に女性の方ほど年収の高い男性を希望する傾向が強くなっています。

さすがにテレビのバラエティ番組などで取り上げられるような「年収1,000万以上の男性以外眼中にない!」なんて方はいないと思いますが、女性は男性の年収が500万円以上であることを望む傾向にあるようです。

また、男性も女性の年収を気にするのですが、どちらかというと相手の女性と自分との間で年収に開きがないかを気にする方が多いです。

ちなみに、平均年収は年収が高い方の数値も含まれているため、結婚適齢期の28歳で年収500万はかなり高い方であると言えます。感覚として300万なら正社員として働けているレベル、400万ならそこそこ多いレベルではないかと思います。

もちろん、500万円以上の年収の方もいると思いますが、もしかしたら婚活市場に出てくることがないくらい人気のある方かもしれません。

今回は、ゼクシィ縁結びカウンターに登録している年収の高い男性の見分け方や成婚率の上がるプロフィールの書き方についてお伝えします。

この記事をご覧の方は「誰も傷付けないCMで評価が上がったゼクシィの縁結びカウンターについて」もおすすめです。

今回は、最近オンエアしたCMがネットでも評判となっているゼクシィの運営する婚活サイト「縁結びカウンター」について紹介します。私もこのCMは非常によくできていると思いますし、このCMを見てゼクシィを応援したくもなったので、今回の記事を作っています。
はじめての婚活、結婚相談所ならゼクシィ縁結びカウンターがおすすめです。

スポンサーリンク

アラサーの男性・女性別にみる平均年収

結婚式とお金のイメージ

全国的に見た28歳の平均年収は400万円弱ですが、男女で分けてみるとかなり大きな違いがあります。男性のみの平均が415万円なのに対して、女性のみの平均は356万円です。その差は約60万円にもなります。

参考資料:平成26年分民間給与実態統計調査(国税庁)

20代~30代の男女の給与推移

日本は特に男女の収入格差があることで知られており、実際その差は20歳の頃からそのくらいの金額の差がある頃が分かっています。

ところが、20台の中盤にかけて徐々にその差は少なくなり、25歳ではその差は30万円にまでなるのですが、そのころからまた開き始めて28歳の時点で60万円の差がついており、その後はさらに広がっていくといわれています。

給与の差は個人差も大きい

また、この金額はあくまで平均であって、個人差が大きいことも忘れてはいけません。特に女性の場合の個人差が大きく、総合職で働く女性は男性と同じだけの年収を得ていることが多いことを考えると、平均から見てかなり低い年収の女性が数多くいることがわかるでしょう。

実際、28歳でも年収300万円に満たない女性は少なくありませんし、高収入の女性のほうが勤務年数も長くなる傾向はありますので、それだけ平均が低くなるということは、格差も大きいということになります。

職種によっては男性よりも給与が高いことも

平均年収は、あくまで平均ですので、性別だけでなく業種や職種によっても大きく異なります。例えば女性が多い看護師などは、資格を必要とする専門職ですので比較的若い時から高い年収を得ることができます。

看護師のような専門職では同年代の男性よりも高収入になるケースも多いでしょう。また、金融など若いうちから高度な内容を扱う仕事の場合は、若くても優秀な人を採用する必要があるため、20代でも高い年収に設定しているところが多いです。

一般企業における男女の差異

企業によっては総合職と一般職に分けて採用を行い、総合職の場合は女性も男性と同じ給与体系である代わりに同様の仕事を任されます。

ただし、それでも年収に差が出てくるのは、まだまだ出世という面で男性が有利な企業が多いということや、女性は結婚後も働き続けたとしても妊娠出産などで年次が遅れるケースが出てくるためだと考えられます。

年収が高い人は趣味で見分けろ!?

見る|評価|観察|見分ける

一般的に年収が高いほど、趣味に使えるお金は多くなります。もちろん収入が高い分、家賃の高い住宅に住んだり食費にお金を使ったりすることも多いでしょうが、生活費で収入の大半を消費する低収入の人に比べて、自由になるお金が多いのは確かでしょう。

中には収入が高くても住宅や食費にはお金をかけず、大半を趣味に費やしている人もいるほどです。

海外旅行や英会話

では高収入の28歳前後の男女は、どのような趣味を持っているのでしょうか。まず男女に共通して人気があるのが旅行です。

男性のほうが女性に比べると一人旅をする人が多い傾向はありますが、女性の一人旅愛好者も少なくありません。

高収入の男女の場合は旅行の際に海外などに行くことが多く、年に数回海外旅行に行くという人も珍しくありません。

高収入の男女の場合は英語などのコミュニケーションに問題ない人も多いことから、ツアーなどでなく個人で海外に行く人も多く、アメリカやアジアなどを一人で回る男性や、ヨーロッパなどの美しい観光地を巡る女性が多いのも特徴でしょう。

車やバイク・株や投資が高収入の男性に人気

また、高収入の男性の場合に多いのが、車やバイクなどにお金をかける人です。もちろん収入が低くても、車やバイクが大好きで食費よりも趣味にお金をかける、という人もいる世界ですが、やはりお金のかかる趣味ですので高収入の人のほうがやっている人数は多くなるでしょう。

趣味で株や投資などをやっている人も多いです。これも、余剰資金がないとなかなか始めにくいことですから、収入が上がるに応じてやっている人が多くなるのも納得でしょう。

女性に多い趣味

女性の場合は習い事にお金をかける人も少なくありません。スポーツクラブに通ったり、ダンスを習ったり、中には陶芸などのモノづくりを楽しむ人もいます。

種類によってはそれほどお金もかからないので、必ずしも高収入の女性ばかりとは限りませんが、写真など機材にお金のかかるものは、やはりある程度収入がある女性が楽しんでいることが多いようです。

婚活を成功させるプロフィールの書き方

ひらめき・おすすめ・ポイント

婚活をしていると、自分のプロフィールを書くことが多くなります。婚活サイトの登録時や、婚活パーティに参加した際、結婚相談所に登録するときにもプロフィールは必要です。

登録先によって内容は異なりますが、これは短時間で自分がどんな人間なのかをわかってもらうためのものであり、このプロフィールを見て「会ってみたいな」と思わせなければならないのですから、内容はとても重要なのです。

とはいえ、名前や住所、職業などはそのために変えるわけにはいきませんし、事実を書くしかありません。

年収300万以下でも結婚できる!

もちろん職業によってはアピールできる点があればアピールするべきでしょうが、あまり消費者に関わりない仕事だったりすると、詳しく説明してもピンとこないことも多いので、特に好印象の仕事でなければそれほど詳しく説明する必要はありません。

プロフィールにあまり仕事のことばかり書きすぎると、仕事人間で家庭を大切にしないと勘違いされることもあるので、難解な説明は避けたほうがよいでしょう。あくまで一般の人にわかる程度の説明をするのがベストです。

プロフィールは趣味の記入に力を注ぐ

このプロフィールの中で特に力を入れて書くべきなのが、趣味の欄です。婚活はお互いに結婚相手を探すのですから、年収などのスペックも大切ですが、趣味や考え方、話が合うかなども気になるポイントになります。

しかも年収などのスペックに比べて、データでは把握しにくいということもあって、趣味などから人となりを判断しようとすることになるのです。

相手があなたをイメージできるように

その際に、趣味として単に「ドライブ」や「音楽」と書いてあるだけでは、あまりにも情報が少なすぎて相手もイメージしづらくなります。

ドライブといってもどんなところに行くのがすきなのか、どんな車に乗っているのかなどを書き足すことで、一緒にドライブに行くイメージができるため好感をもたれますし、会ったときの話のネタにもなります。

音楽も同様で、どんな音楽が好きなのかや、聴くのが好きなのか演奏するのが好きなのかなど、細かく書くことでより趣味のあった人と巡り合える確率が高くなるのです。

関連記事「オーネットのお話掲示板を攻略する方法|申し込みからやりとりのコツや例文・断り方のマナーなど

オーネットでの婚活はお話掲示板を開設することから始まるのですが、意外とこれがなかなか難しく、申し込みの仕方でも開設できる可能性が変わってくるセンシティブなものです。就職活動の時によくあったエントリーシートだけで落ちるアレだと思って、数打ちゃ当たるぐらいの気持ちで進めていくのがおすすめです。

とにかく多くの人と会うことが成婚の秘訣

チェック・ポイント

婚活のプロがよく言う言葉に「とりあえず一度会ってみてください」というのはあります。これは本当に大切なことで、やはり人と人との巡り合いは会ってみないとわからないことがたくさんあります。

興味を持ってもらうためにしっかりプロフィールを作成するのは大切なのですが、やはりそれだけではすべて伝わるわけではないのです。

そして、この時にあまり会う人の幅を狭くしすぎるのはよくありません。今はプロフィールがデータ化されることも多く、簡単にスペックや趣味で検索できることも多いです。

年収がいくら、趣味がなに、という条件で細かくフィルターにかけていくと、どうしても会える人数が少なくなりますし、偏ってしまいます。もちろん譲れない条件はあるでしょうが、それ以外のところは多少範囲を広くとって相手を探すことも大切です。

結婚に重要なのは相性

こうした条件は、自分に合うと思う内容で絞っていても、結婚相手として自分がイメージしている相手が、必ずしも実際に自分に合っているとは限りません。

婚活で成功に至った人の体験談でよくあるのが、「条件にあった人じゃなかったけど、会ってみたら意気投合した」というものです。

結婚相談所などの仲人さんが仲介してくれるシステムでは特に多いのですが、経験豊富なアドバイザーがとにかく会ってみて、といった相手としぶしぶ会ってみたら気が合って結局結婚した、ということもあります。

試行錯誤しないと理想の相手は見つからない

これも、自分ではイメージしてなかった相手と会ってみたらよかった、ということですから、自分のイメージで会う相手を絞りすぎるのは良くないということなのです。

かといって、どんな相手が自分に合うのかはなかなか分かりませんから、とにかくたくさんの人に会うというのはとても大切です。

たくさん会っていると突然ビビッと来る相手に出会うかもしれませんし、自分の意外な好みの傾向がわかってくるかもしれません。婚活するからには意識を柔軟に持って、より多くの人との出会いの場として活用するくらいの気持ちで臨むのがよいでしょう。

関連記事「【数撃ちゃ当たる】多くの女性と出会うのが婚活を成功させる理由

私が婚活サイトの楽天オーネットに登録したばかりの頃、アドバイザーさんから「とにかく色々な女性とお会いするようにしてください」と助言されたことを覚えています。当時の私は、「まず自分が結婚したい女性の理想像を明確にしよう」と思っていましたが、結婚してから振り返ると、とにかく多くの女性(異性)とお会いすることが婚活を成功させるコツであることが理解できるようになりました。

ブライダル業界でも知名度の高い
ゼクシィが運営する婚活サイト

あのゼクシィが「縁結びカウンター」を開設しました

ゼクシィ縁結びカウンター

最近「出会い」がない。そう感じてしまうのは、
新しい出会い方に気付いていないだけ!
はじめての婚活を応援する
「ゼクシィ縁結びカウンター」がスタート。

第2位

ウェディング・ブライダルといえば誰もが連想するほど結婚式場の紹介やウエディング・ブライダル関連の情報を提供しているゼクシィが「縁結びカウンター」を開設しました。

リクルートグループが運営するサービスなので、安かろう悪かろうという婚活サイトやサクラばかりのマッチングサイトにはなっていません。

最近「出会い」がない。そう感じてしまうのは、 新しい出会い方にきづいていないだけ!

そんな方のために、はじめての婚活を応援するための「ゼクシィ縁結びカウンター」がスタートしました。

新興の婚活サイトではありますが、パートナーエージェントと提携して会員データの充実を図るなど、古参の婚活サイトにも負けないサービスを格安価格で提供しているのがゼクシィ縁結びカウンターです。

婚活サイトの中でエン婚活に次ぐ料金の安さも検討のおすすめポイントです。

このページをご覧の方には誰も傷付けないCMで評価が上がったゼクシィの縁結びカウンターについてもおすすめです。

今回は、最近オンエアしたCMがネットでも評判となっているゼクシィの運営する婚活サイト「縁結びカウンター」について紹介します。私もこのCMは非常によくできていると思いますし、このCMを見てゼクシィを応援したくもなったので、今回の記事を作っています。
はじめての婚活、結婚相談所ならゼクシィ縁結びカウンターがおすすめです。
ゼクシィ縁結びカウンターの概要はこちらの動画でも説明されています。
気軽に婚活したい方に向けて、ゼクシィが便利なアプリを用意しました。
iOSの方はこちらからダウンロード

Androidの方はこちらからダウンロード

婚活の有用性に関しては、下記の書籍をお読みいただくのがいいと思います。とにかく出会いの確率、回数を増やすことがどれだけ効果のあることかが分かります。

渡辺正樹、27歳、弁理士。誠実でまじめなことが取り柄だが、恋愛ではいつも失敗ばかり。そんな僕が、ひょんなことから「恋愛工学」のマスターに出会う。そして、真実の愛を探す冒険に旅立った。

「恋愛工学を知れば知るほど、そして、実際にたくさんの女の行動を目の当たりにすればするほど、世間に広まっている恋愛に関する常識は、すべて根本的に間違っていることを確信した。恋愛ドラマやJ-POPの歌詞、それに女の恋愛コラムニストがご親切にも、こうしたら女の子にモテますよ、と僕たちに教えてくれることの反対をするのが大体において正しかった。」