私は婚活サイトのオーネットを利用して結婚相手を見つけました!

ゼクシィ縁結びカウンターはパートナーエージェントと提携してるため料金以上にお得

提携・協力・握手 ゼクシィ
スポンサーリンク
みなさんこんばんは。

当サイト”会えるんです”をご覧いただきありがとうございます。

当サイトはアラサー男性に向けた婚活サイトの利用方法、アラサー男性が婚活中に悩むことについてのお役立ち記事に特化したサイトとなっています。

女性の方やアラフォー、アラフィフの男性の婚活に関しては参考にならない情報が多いと思います。アラサー男性以外の方は別の婚活サイト・婚活ブログを参照いただくようお願いします。アラフォー、アラフィフの方はこちらの記事がおすすめです。

当サイトでも紹介しているパートナーエージェントがゼクシィ縁結びカウンターと業務提携しているのをご存知でしたか?

会員1人につき必ず1人専任のコンシェルジュが担当となるパートナーエージェントは、婚活サイトとして最もサービスがいい代わりに、料金が高くなってしまう婚活サービスです。

一方で、新興の婚活サイトであるエン婚活ゼクシィ縁結びカウンターは利用料金が安いことが魅力になりますが、どうしても新しくサービスを提供し始めたばかりの頃は内容に不安があります。

そこで、より早く婚活サイトの運営を始めたパートナーエージェントと業務提携することで、登録会員数が少ない点や、運営歴の短さからくるサービスの質、業界内の知識や従業員の育成などのデメリットを解消するようにしています。

ゼクシィ縁結びカウンターではコンシェルジュのアドバイスやサポートを受けることができませんが、マッチングシステムはパートナーエージェントと同一のものになります。

ゼクシィ縁結びカウンターを利用した方がお得だという考え方もアリだと思います。

今回は、ゼクシィ縁結びカウンターでの婚活が料金以上にお得になる理由について説明します。

この記事をご覧の方には「ゼクシィ縁結びカウンターに登録している年収の高い男性の見分け方|成婚率の上がるプロフィールの書き方は?」も参考になります。

ゼクシィ縁結びカウンターに登録している年収の高い男性の見分け方|成婚率の上がるプロフィールの書き方は?
平均年収は年収が高い方の数値も含まれているため、結婚適齢期の28歳で年収500万はかなり高い方であると言えます。感覚として300万なら正社員として働けているレベル、400万ならそこそこ多いレベルではないかと思います。
はじめての婚活、結婚相談所ならゼクシィ縁結びカウンターがおすすめです。

スポンサーリンク

業務提携しているサービス内容について

確認・チェック・案内

ゼクシィ縁結びカウンターは、パートナーエージェントと2015年から業務提携をしています。その内容は、会員情報の共有です。

つまり、ゼクシィ縁結びカウンターに登録すると、会員データを閲覧してその中から気になる人にコンタクトすることができますが、そのデータがゼクシィ縁結びカウンターに登録した人だけでなく、パートナーエージェントの登録者も対象となるということです。

会員情報の共有によるメリット

どちらの登録者も1万人弱程度いますから、出会いのチャンスが一気に倍になったといって良いでしょう。利用者サイドからは、メリットの多い業務提携であるといえます。

そもそも婚活は、より多くの人と出会うことが成功するためには必須です。もちろん少ない中から自分に最高の人が見つかる可能性もありますが、より多くの中から探したほうがチャンスが多いのは当然でしょう。

そのために多くの人は登録者の多い結婚相談所を探して登録するのです。そのほうが自分が気に入った人が見つかる可能性は高いですし、逆に自分を気に入ってくれる人がいる可能性も高くなります。

ゼクシィ縁結びカウンターとパートナーエージェントの提携は、まさにそのチャンスを広げるものだといえます。

会員の年齢層も近くミスマッチが起こりにくい

そもそもこの2つの結婚相談所は、20代~30代の比較的若い登録者が多いなど、登録者やそのお相手希望者の層が重なることが多く、サービスの違いから登録先を選ぶ人が多いエージェントでした。

データマッチング型のゼクシィ縁結びカウンターに対して、仲人型のパートナーエージェントということで住み分けが行われていたのです。

現在でもそのサービスについては変わりありませんから、登録者はその辺の好みで登録先を選び、データはお互いより共有することでマッチングの数を増やし、成婚率の上昇につながっています。

成婚率が上昇することは、どちらのエージェントにとってもサービスの向上ということになりますから、エージェントにとってもメリットの多い業務提携になっているのです。

料金の違いとサービスの違いを比較

比較・マルバツ・メリットデメリット

ゼクシィ縁結びカウンターとパートナーエージェントは業務提携することによって同じ会員データを使って婚活サポートを行っています。そうなると、利用者はどちらに登録すればよいかわからなくて困るのでは、と思うかもしれませんが、そのような心配はありません。

この二つのエージェントは利用者層は比較的近いものの、料金やサービスに違いがあるので、その点でもともと住み分けが行われてきたのです。

料金の違いを比較

まず、ゼクシィ縁結びカウンターは業界でも最安値といわれる料金で、入会金30,000円、月会費9,000円、さらに成婚料も基本的には必要ありません。

パートナーエージェントも入会金125,000円、月会費16,000円、成婚料50,000円と、結婚相談所としては決して高い金額ではないのですが、ゼクシィ縁結びカウンターと比べるとどうしても高く見えてしまいます。

それでもパートナーエージェントを選んで登録する人がいるのは、サービスの内容がかなり異なるためです。

サービスの違いを比較

ゼクシィ縁結びカウンターは、データマッチング型の婚活です。アドバイザーから紹介を受けることもありますが、それ以上に自分でデータ検索をしてアプローチすることができます。

なので、自分でさっさと検索して婚活をしたいという人や、あまり周囲から口出しされず自分のペースで婚活したいという人には向いています。

もちろんアドバイザーに相談することもできますが、どちらかというと交際経験があって自分で行動を起こせる人のほうが上手くいくタイプの相談所です。

一方パートナーエージェントは仲人型の結婚相談所で、登録すると専任のコンシェルジュがついてマンツーマンで婚活サポートをしてくれるのが魅力です。

異性との交際経験が少なく、自分からアプローチするのが苦手、という人はこのような仲人型の結婚相談所で手厚いサポートを受けたほうが成婚につながるでしょう。

このように、ゼクシィ縁結びカウンターとパートナーエージェントではサービス内容がかなり違うので、自分に合ったエージェントを選ぶことが大切です。

ゼクシィ縁結びカウンターで真剣交際までの発展は可能?

質問・疑問・なぜ

結婚相談所での婚活経験がない人は特に、実際にそれで真剣交際に至るような出会いがあるのか心配だと思うかもしれません。

ゼクシィ縁結びカウンターでは、多くの人と出会うことで、運命のひとりを見つけてほしいということから、まずは気軽に会うことのできるシステムをとっています。

婚活開始から1ヶ月以内に8割の会員に出会いがある

実際にゼクシィ縁結びカウンターに登録した人のうち、1か月以内にファーストコンタクトで実際に相手と会ったというのは実に8割。つまり、ほとんどの人が短期間で相手に会って印象を確認するまでに至っているのです。

この段階ではまだお互いのフルネームや連絡先を知らない状態で、だからこそお見合いとはいえ気軽に会うことができるといえるでしょう。最初のハードルを下げることで、出会いのチャンスを増やしているのです。

成婚率は2割以上あり決して悪い数字ではない

その後、トライアルデート期間に入り、何度かデートを重ねて真剣交際ということになります。真剣交際を経て結婚に至るわけですが、ゼクシィ縁結びカウンターでの成婚率は2割以上。結婚紹介所としては決して悪い数字ではありませんので、期待をもって活動できるでしょう。

ただし、ゼクシィ縁結びカウンターは比較的本人の積極性が結果に反映するシステムです。例えばファーストコンタクトの申し込みはカウンセラーが毎月最大6人まで紹介してくれますが、それ以外に自分で検索をしてさらに10人に対して申し込むことができます。

積極的な人に有利なゼクシィのシステム

つまり、自分で活動することで出会いのチャンスは倍以上になるのです。しかも、ファーストコンタクトでお互いに気に入って連絡先を交換したあと、トライアルデート期間は自分たちで連絡を取り、約束をしてデートをすることになります。

ここでも、連絡先はわかったけど連絡できない、となるとそれでご縁がなくなってしまうわけです。逆に、積極的に連絡してデートを重ねれば真剣交際に至る可能性は十分にありますし、ダメでもどんどん新しい人と出会っていくことで、運命の人に巡り合える可能性は十分にあります。

自分でシステムをどんどん活用していく人には、ゼクシィ縁結びカウンターはおすすめなのです。

関連記事「ゼクシィ縁結びカウンターで結婚できた場合の成婚退会方法について

ゼクシィ縁結びカウンターで結婚できた場合の成婚退会方法について
ゼクシィ縁結びカウンターの利用を検討している方は、結婚相手が見つかった場合の退会方法や、万が一お相手が見つからなかった場合の退会方法について予め知っておきたいという方もいると思います。

ブライダル業界でも知名度の高いゼクシィが運営する婚活サイト

あのゼクシィが「縁結びカウンター」を開設しました

ゼクシィ縁結びカウンター

最近「出会い」がない。そう感じてしまうのは、
新しい出会い方に気付いていないだけ!
はじめての婚活を応援する
「ゼクシィ縁結びカウンター」がスタート。

第2位

ウェディング・ブライダルといえば誰もが連想するほど結婚式場の紹介やウエディング・ブライダル関連の情報を提供しているゼクシィが「縁結びカウンター」を開設しました。

リクルートグループが運営するサービスなので、安かろう悪かろうという婚活サイトやサクラばかりのマッチングサイトにはなっていません。

最近「出会い」がない。そう感じてしまうのは、 新しい出会い方にきづいていないだけ!

そんな方のために、はじめての婚活を応援するための「ゼクシィ縁結びカウンター」がスタートしました。

新興の婚活サイトではありますが、パートナーエージェントと提携して会員データの充実を図るなど、古参の婚活サイトにも負けないサービスを格安価格で提供しているのがゼクシィ縁結びカウンターです。

婚活サイトの中でエン婚活に次ぐ料金の安さも検討のおすすめポイントです。

このページをご覧の方には誰も傷付けないCMで評価が上がったゼクシィの縁結びカウンターについてもおすすめです。

誰も傷付けないCMで評価が上がったゼクシィの縁結びカウンターについて
今回は、最近オンエアしたCMがネットでも評判となっているゼクシィの運営する婚活サイト「縁結びカウンター」について紹介します。私もこのCMは非常によくできていると思いますし、このCMを見てゼクシィを応援したくもなったので、今回の記事を作っています。
はじめての婚活、結婚相談所ならゼクシィ縁結びカウンターがおすすめです。
ゼクシィ縁結びカウンターはCMも話題になりましたね。

気軽に婚活したい方に向けて、ゼクシィが便利なアプリを用意しました。
iOSの方はこちらからダウンロード

Androidの方はこちらからダウンロード