私は婚活サイトのオーネットを利用して結婚相手を見つけました!

AGAは治すのではなく進行を止めるのが正解|男性型脱毛症について

M字の生え際が気になる禿げ男性 モデル:サンライズ鈴木|AGA・男性型脱毛症・ハゲ・薄毛 薄毛の悩み
スポンサーリンク
みなさんこんばんは。

当サイト”会えるんです”をご覧いただきありがとうございます。

当サイトはアラサー男性に向けた婚活サイトの利用方法、アラサー男性が婚活中に悩むことについてのお役立ち記事に特化したサイトとなっています。

女性の方やアラフォー、アラフィフの男性の婚活に関しては参考にならない情報が多いと思います。アラサー男性以外の方は別の婚活サイト・婚活ブログを参照いただくようお願いします。アラフォー、アラフィフの方はこちらの記事がおすすめです。

アラサー男性が気になる言葉の1つにAGAがあるのではないでしょうか。AGAは最近よく聞くようになった言葉ですが、男性型脱毛症のことを指しています。いわゆる若ハゲのことです。

今回はAGAについて説明すると共に、AGAの予防方法についてお伝えします。なお、今回の記事はWikipedia:男性型脱毛症のページを参考にして作成しています。

この記事をご覧の方には「アラサー男性におすすめのシャンプーはどれ?」も参考になります。

【実体験】アラサー男性におすすめのシャンプーはどれ?
先にお伝えしておきますが、今回はおすすめのシャンプーを紹介することはありません。正直なところシャンプーは何を使ってもヘアケアにさほど影響はないと考えているからです。それより、もしあなたが薄毛に悩んでいるなら、ぜひとも紹介したい育毛対策があります。
育毛でお悩みの方はフィナロイド100錠 + ミノキシジル10mg100錠の内服薬がおすすめです。2ヶ月分で約6,000円、まずは3ヶ月試してみてください。早い人なら1ヶ月で変化に気づきます。

スポンサーリンク

AGAとは男性型脱毛症のこと

確認・チェック・案内

AGAとは「androgenic alopecia」の略であり、英語の意味をそのまま訳すと「男性ホルモン型脱毛症」となるものです。いわゆる若ハゲと呼ばれるもので、アラサーの男性が気にし始める症状です。

原因は男性ホルモン?

AGAの原因となるのは男性ホルモンとされています。子供の頃「エロい奴はハゲる」なんてからかわれることもあったと思います。これは正確ではないにしろ、全くの的外れな指摘というわけでもないのです。なお、AGAの原因とされる男性ホルモンはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれています。

AGAはベジータのようなM字ハゲが典型例

AGAの典型的な経過では脱毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退により特徴的な「M字」パターンとなります。また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛にもなります。

頭頂部に関しては違いますが、イメージとしてドラゴンボールのベジータが非常に分かりやすい例でしょう。

関連記事「ハゲが気になり始めた方におすすめの育毛対策を紹介

ハゲが気になり始めた方におすすめの育毛対策を紹介
今回は薄毛が気になり始めた方におすすめの育毛対策を紹介します。ただ、この方法はスキンヘッドの方など、髪の毛が全くなくなってしまっている方には効果がありません。あくまで自然治癒になるのでご了承ください。

AGAはどうやって防げばいい?

おでこがM字型に広がっていき、頭頂部の頭髪も薄くなってくるAGAですが、防ぐ方法はないのでしょうか?

AGAは遺伝的要素が強い症状となるので、予防・防止することはできても完全に治すことはできません。ここで紹介するAGAの予防方法はあくまでも現状からの進行を抑える方法として紹介します。

その前に、AGAの原因となる男性ホルモン(DHT)についてもう少し詳しく知っておきましょう。

AGAの原因となる男性ホルモンについて

AGAの原因となる男性ホルモンはジヒドロテストステロン(DHT)です。これは別の男性ホルモンであるテストステロンが変化して生成されるものとなっています。

テストステロンは男性ホルモンの代表格で、睾丸(金玉)で95%が生成されています。女性では男性の5%~10%しかないホルモンです。

これで、AGAが男性にしか発症しない理由も分かるでしょう。女性に発症する脱毛症は円形脱毛症で、主にストレスが原因となる脱毛症になります。

男性全てがハゲない理由

全ての男性はテストステロンという男性ホルモンが大量に分泌されていますが、人によってテストステロンがDHTに変化する割合はまちまちです。

このことからも、全ての男性がAGAにならない理由も分かるでしょう。

ちなみに、テストステロンは筋肉の増大や骨格の発達を誘発するホルモンで、いわゆる男らしい体系はこのホルモンが分泌されることが原因となっています。

なお、テストステロンとDHTの関係は、コレステロールにおける「善玉」と「悪玉」の違いと同様に捉えると理解しやすいのではないかと思います。

AGAを防ぐことができる薬がある

学習・スケジュール・確認

DHTが原因となり引き起こされるAGAですが、テストステロンがDHTになることを防ぐことができれば、AGAも防ぐことができます。そして、テストステロンがDHTに変換されるのを抑制する医薬品も開発されています。

それがフィナステリドという医薬品です。また、ミノキシジルという医薬品も脱毛症に効果があることが分かっており、フィナステリドとミノキシジルは薬の効用が異なるため、併用することが可能です。

フィナステリドとは

フィナステリドとはプロペシアなどの商品名で製品化されている医薬品です。テストステロンがDHTに変換されるのを防ぐ働きがあります。

元々は前立腺癌の治療薬として開発されたようですが、AGAにも効果的であることが分かってからはAGAの治療薬としても使われています。

なお、フィナステリドの特許は2015年で切れているので、後発のジェネリック医薬品であるフィナロイドが最近では販売されることが多いです。

ミノキシジルとは

元々は高血圧の薬として開発されましたが、副作用として脱毛症の改善作用があることが発見されてからは、AGAの治療薬としても利用されています。日本では[リアップ]などがミノキシジル配合の商品として有名です。

私は[リアップ]のように外用薬としてではなく、ミノキシジルタブレットのように内服薬として服用するのをおすすめします。

関連記事「ハゲでも結婚できる?婚活男性が知りたい薄毛の悩み

ハゲでも結婚できる?婚活男性が知りたい薄毛の悩み
見た目の話は以前の記事でも触れていますし、いずれ見た目だけで相手を選んで大失敗した話もしようと思っていますが、ぶっちゃけて言えばハゲていても婚活には支障はありません。 今回はハゲでも婚活で成功できるということをお話したいと思います。

育毛でお悩みの方には内服薬がおすすめ
フィナロイド100錠 + ミノキシジル10mg100錠

フィナロイド100錠 + ミノキシジル10mg100錠

本気の育毛ならWの内服薬!
フィナステリドとミノキシジルの
『フィナミノ育毛セット』が新登場です。

オススメ

ハゲ・薄毛でお悩みの方におすすめの内服薬。高いシャンプーや育毛剤を購入するぐらいなら、まずこちらを試してみるのがおすすめです。2ヶ月分で約6,000円、早い人なら1ヶ月で変化に気付きます。

薬の副作用について

薬の副作用は体毛が濃くなること、手足にむくみが出ることぐらいです。人によっては性欲が減退することもあるそうです。夜寝る前に1錠ずつ飲むだけ、もちろん私も利用しています。

髪の毛は3ヶ月ごとに半分ずつ成長します。若い方や薬と相性のいい方は1ヶ月程度で変化に気付くこともあります。私は2ヶ月ぐらいから目に見えて変化してきました。

多毛症(毛深くなる)を防止するのに便利なグッズ

同時に体毛も濃くなってしまうので、産毛の処理も同時にやっておきたいところです。顔の産毛や耳毛にはフェイスシェーバー、鼻毛の処理にはエチケットカッターがおすすめです。

育毛でお悩みの方はフィナロイド100錠 + ミノキシジル10mg100錠の内服薬がおすすめです。2ヶ月分で約6,000円、まずは3ヶ月試してみてください。早い人なら1ヶ月で変化に気づきます。

このページをご覧の方は「25歳から33歳の間で婚活したいと考えている人にオーネットをおすすめする理由」も参考になります。

25歳から33歳の間で婚活したいと考えている人にオーネットをおすすめする理由
今回紹介するのは、私も結婚相手を見つけるために利用した婚活サイトのオーネットです。 今回はオーネットの詳しい情報などではなく、25歳から33歳の間で婚活したいと考えている方にオーネットをおすすめする理由になります。