私が婚活パーティをおすすめせず婚活サイトをおすすめする2つの理由

あなたにおすすめの婚活サービス
チェック・ポイント

みなさんこんばんは。

当サイト”会えるんです”をご覧いただきありがとうございます。

当サイトはアラサー男性に向けた婚活サイトの利用方法、アラサー男性が婚活中に悩むことについてのお役立ち記事に特化したサイトとなっています。

女性の方やアラフォー、アラフィフの男性の婚活に関しては参考にならない情報が多いと思います。アラサー男性以外の方は別の婚活サイト・婚活ブログを参照いただくようお願いします。アラフォー、アラフィフの方はこちらの記事がおすすめです。

以前も記事にしていますが、当サイト”会えるんです”では合コンや街コン、婚活パーティをおすすめすることはありません。むしろ、25歳~27歳ぐらいになり、結婚や婚活を意識し始めた方には最も避けた方がいい出会いの方法として紹介するぐらいです。

確かに、25歳以下の社会人になりたて~社会人3年目ぐらいまでの人には、婚活は少し早い印象がありますから、合コンや街コンなどのライトな出会い方として気軽に交際相手を見つける場として利用するのはアリだと思っています。

25歳以下の方は、まだ婚活するには早いという感覚でしょうし、結婚相手を探すとまで切羽詰まっていないでしょうから、お付き合いする相手(=将来の結婚相手”候補”)を探すという方が現実的ではないでしょうか。

なので、出会いの可能性を拡げるための一つの手段として、合コンや街コンに参加するのは選択肢の一つだと考えています。私が個人的に苦手としているのもあって、あまりおすすめはしていません。

しかし、婚活パーティだけは出会いの可能性を拡げる方法としても悪手です。また、結婚相手を探す方法としても適当ではないと私は考えています。

今回は、私が婚活パーティをおすすめしない理由と、婚活サイトをおすすめする理由について説明していきます。

25歳から33歳の間で婚活したいと考えている人にオーネットをおすすめする理由もおすすめです。

今回紹介するのは、私も結婚相手を見つけるために利用した婚活サイトのオーネットです。 今回はオーネットの詳しい情報などではなく、25歳から33歳の間で婚活したいと考えている方にオーネットをおすすめする理由になります。
あなたの“結婚力”を診断しませんか?
スポンサーリンク

私が婚活パーティをおすすめせず
婚活サイトをおすすめする2つの理由

婚活パーティはなぜか女性の参加費が安い
条件や状況が男女で対等にならない

ダメだしする女性

婚活パーティについて私が一番疑問に感じていることは、なぜか女性の参加費が安くなっていることです。婚活をする人にとって、結婚したいという思いが男女で差があるとは私には思えません。

むしろ、女性の方が子どもを産んだりする以上、年齢に大してシビアにならざるを得ませんし、男性も女性の若さを見ています。子どもを作ることを考えるなら、男性の年齢も無視できないのが実情です。ただし、年齢だけで考えれば、男性の方が女性よりやや余裕があると言えるので、むしろ女性の参加費が高い方が納得できます。

また、今の社会情勢や福利厚生の状況では、女性が働き続けることは男性に比べれば難しく、出産で一時キャリアを離れてから復帰できる人も稀です。さらに、男性に比べて女性の方が高給取りになる可能性は低く、まだまだ男女の格差が解消されているとは思えません。

と同時に、私には女性の方もそれほど仕事をバリバリやりたいとは考えていないように思えてなりません。ブラック企業を擁護するわけではありませんが、社会にインパクトを与えるようなことをやろうとしたり、年収を平均値から上げようと思った場合、週8時間労働で週休2日を維持するのは非常に難しいことなのは事実です。

労働環境やキャリア・ノンキャリアについて

これは残業をしない諸外国でも普通の感覚のようで、出世すればするほど、社会にインパクトを与えるような仕事をしようとすればするほど、残業上等でバリバリ仕事をこなす必要がどうしても出てくるようです。

ただ、日本と違うところは、キャリアを積むためにエリートコースに行くかノンキャリアとして働く道を選ぶかを自分で選択することができる点です。

大体の感覚ですが、年収700万以上を目指すのであれば、労働環境や休暇の取得状況については少し目をつぶる必要も出てくるのだと思います。

稼ぐというのはそれほど大変なことです。しかし、年収300万以下で過酷な労働条件となることが多い現在の労働市場はおかしいと思っています。

専業主婦希望の人は年収700万以上の人を捕まえることはできない

大企業に就職して順調に出世をした場合、年収700万になることはそう難しいことではありません。しかし、年収700万以上に達するのは、よっぽどのスピード出世をしない限り、大企業では40歳ぐらいを目途とするはずで、30歳未満の時点では素質があるかないかぐらいしか判断する要素がありません。

30歳までに年収700万以上になる人は、年功序列の意識が低い外資系の企業や、日本企業でも実力主義の傾向が強い会社、それ以外では起業家ぐらいでしょう。

こういった環境にいる男性は稼ぎ続けることが難しいことを肌で感じているはずですし、今の時代は家事を専業でやらなければならないほど大変なことではないと分かっているので、結婚相手にも定職に就くことや、パートなどでも働くことを求める方が多いようです。

一方で女性の方は、世帯年収700万は欲しいと考えているのでしょうが、結婚後は専業主婦希望の方がまだまだ多いように感じます。婚活パーティなどに出席している人は、少しでもいい条件の男性を捕まえることに気を取られ過ぎていて、肝心の自身の魅力についてはおざなりになっている方が多いと感じます。

年収が高い男性は要求も高い
そもそも婚活パーティには参加しない

年収が高い男性は婚活市場では非常にモテます。私が婚活サイトに登録した時は28歳で年収450万ぐらいだったのですが、婚活アドバイザーの方には若いのに高い年収だと言われました。

若くして稼いでいる方というのは自分が考えているより非常に多いはずですが、今の年齢別平均年収だと、25歳~30歳は300万~350万ぐらいになるのではないでしょうか。

私が婚活を始めた28歳と同年代の男性で、年収が700万を超えるような方は業界の調子もいい大企業に勤めていて、早い段階で出世をした方か、独立起業して上手くいっている方ぐらいでしかいないだろうと感じます。

大企業に勤めていても、28歳なら500万~600万ぐらいが平均になると感じているので、700万を超える方、1,000万を超える方はそもそもなかなかいないものだと思います。

また、若くして成功しているような方の場合、女性に対する要求も厳しくなります。まず年齢は出産にも適している25歳~28歳を求めるでしょうし、身長と体重のバランスは見るでしょう。最低でもBMI値が適正であることは求められると考えていいと思います。

専業主婦希望であるなら家事のクオリティも見るでしょう。今では家事代行サービスもありますから、そのサービス内容に劣る家事レベルであれば、専業主婦希望の人と結婚するのに特にメリットもありません。

もともとハイスペックな男性ですから、家事も自分でやろうと思えばできますし、「自分がやったらこれこれこのぐらいの時間でこのクオリティだな」ぐらいの基準があってもおかしくありません。

そもそも、そういった方は見ず知らずの人と出会うような婚活パーティには参加せず、大学時代の知り合いや会社の一般職の女性と結婚する確率が非常に高いです。

いい条件の男性も女性も婚活を始めようと思う年齢になった時にはすでに結婚していたり、決まった相手がいるために相手にされなくなってしまっていることが大半です。

それでも、昔に比べやや出会いの場が少なくなっているでしょうから、絶対にいないとは言い切れませんが、まず参加する必要もないでしょう。

婚活パーティではこのように、男女間の意識の差や、需要のミスマッチングが起こりやすくなっています。そのため、お目当ての相手が全く見つからないパーティになりやすく、いい出会いに繋がることも少ないというのが1つ目の理由です。

多人数の時に見せる人格と1対1の時に見せる人格は違う

飲み会・合コン・街コン

婚活パーティをおすすめしない理由はもう1つあります。大勢とまではいきませんが、数人~十数人の男女が集まる婚活パーティの欠点は人となりを深く知ることが難しいという点です。

程度の差はありますが、誰でも大勢の人または数人の人がいる場面と、1対1になる場面とでは見せる人格に違いがあります。前者の方が外面に近く、後者の方がその人の人となりがよく出ることが多いため、一人あたり数分から数十分の面談形式の婚活パーティではその人のことが全く分からない可能性もあります。

友人とでさえ、1対1で会う時と、多数の友人と一緒に会う時では話の内容も変わってきますし、気になる話題があったとしても全体がそれ以外の話題にシフトしていった場合は、気になる話題を掘り下げることがなかなか難しくなってしまったりもします。

気心の知れた友人でもそんな場面はよくあることなので、これが婚活パーティであればなおさらその傾向が強くなるでしょう。

そうなると、自然と男性も女性も条件や外見など目に見えて分かりやすい情報をもとに判断せざるを得なくなり、肝心の結婚後に一緒に生活できる人かどうかを見ることができなくなりがちです。

運よくいいと思える相手が見つかったとしても、改めて1対1でお会いする機会を作る必要もありますから、婚活パーティで出会うというのはかなり非効率なようにも思えます。

であれば、最初から婚活サイトを利用して知り合えばいいんじゃない?となるので、婚活パーティを利用して出会いを拡げようとするのはいい選択とは言えないのではないでしょうか?

さて、今回はここまでです。私が婚活パーティをおすすめしないのは、相手の人となりが分かりづらく、知り合う機会として適していないからということの他にも、私自身が多人数で会うことを苦手としていることもあります。

なので、婚活パーティについてはかなり否定的な見方をしていることをご理解いただけると助かります。1対1で誰かと会ったり行動したりする人には婚活パーティへの参加は本当におすすめできません。しかし、多人数で会うことや遊んだりすることが好きな人には婚活パーティでいい出会いを見つける人もいるかもしれません。

みなさんがいい出会いをしてもらうのがこのサイトを運営する理由です。

25歳~33歳の方が婚活を始めるならオーネットがおすすめ

お見合いができるネット婚活なら楽天オーネットが1番おすすめ

楽天オーネット

そろそろ結婚したいと思っても、
いい出会いがなかったあなた!
周りは既婚者ばかりで…人肌恋しいですよね?
今年もこのまま何もせずに過ごしますか…?
合コンにいい出会いはありますか?
もっと身近に結婚の近道があるかも。

第3位

私が利用している婚活サービスですが、出会いに繋がる婚活なら楽天オーネットが1番だと思っています。

何よりもおすすめは「結婚チャンステスト」

これを受けると、楽天オーネットでどのくらい出会いの可能性があるのかを調べることができます。入会申し込みではないので、気軽にチャレンジできることも魅力です。

最後に私が結婚相手を見つけることができた婚活サイトの楽天オーネットを紹介します。このサイトの紹介書が最も成功確率が高いのは実際に利用している私が保証しますよ。

登録している会員数が全婚活サイト中TOPであることもおすすめする理由の1つです。

このページをご覧の方は25歳から33歳の間で婚活したいと考えている人にオーネットをおすすめする理由も参考になります。

今回紹介するのは、私も結婚相手を見つけるために利用した婚活サイトのオーネットです。 今回はオーネットの詳しい情報などではなく、25歳から33歳の間で婚活したいと考えている方にオーネットをおすすめする理由になります。

オーネットの概要はこちらの動画でも説明されています。

婚活サイト オーネット 1年間の活動費用+登録費用

婚活サイト オーネット
1年間の活動費用+登録費用
摘要料金備考
入会金30,000 円税別
活動初期費用76,000 円税別
月間活動費13,900 円税別
月間活動費*12ヶ月166,800 円税別
成婚料0 円かかりません
登録費用
+年間活動費用
272,800 円税別

オーネットのより詳しい料金についてはこちらをご覧ください。

今回紹介する楽天オーネットは1年間活動した場合の料金が婚活サイトの中でも3番目に安い料金で利用することができるようになっているのです。 それでは、婚活チャンステストが特徴的な楽天オーネットで1年間活動した場合の料金について紹介します。
あなたの“結婚力”を診断しませんか?

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。