ツヴァイのコンタクトを効果的に利用して婚活を成功させる方法

あなたにおすすめの婚活サービス
ラブレター・紹介書

みなさんこんばんは。

当サイト”会えるんです”をご覧いただきありがとうございます。

当サイトはアラサー男性に向けた婚活サイトの利用方法、アラサー男性が婚活中に悩むことについてのお役立ち記事に特化したサイトとなっています。

女性の方やアラフォー、アラフィフの男性の婚活に関しては参考にならない情報が多いと思います。アラサー男性以外の方は別の婚活サイト・婚活ブログを参照いただくようお願いします。アラフォー、アラフィフの方はこちらの記事がおすすめです。

ツヴァイで婚活をしようと考えている方の中には、ツヴァイのコンタクトを効果的に利用して、早い段階で婚活を成功させたいと考えている方もいると思います。

今回は、ツヴァイのコンタクトを効果的に利用して婚活を成功させる方法について説明します。

この記事をご覧の方には「ツヴァイの価値観マッチングで相手の写真や詳しい情報・紹介書を交換する裏技」も参考になります。

ツヴァイで婚活をしようと考えている方の中には、ツヴァイの価値観マッチングをもっと効率的に使い倒し、婚活を成功に導きたいと考えている方もいると思います。 今回は、ツヴァイの価値観マッチングで相手の写真や詳しい情報・紹介書を交換する裏技について説明します。
この記事をご覧の方にはツヴァイの恋愛傾向診断がおすすめです。

スポンサーリンク

コンタクトの成功率を上げる代行メール

紹介状|紹介|案内

ツヴァイでは気になった相手にコンタクトをとり、OKをもらい連絡先を交換してから会うのが基本的な手順です。

よいなと思う相手に対してコンタクト希望のボタンをクリックすれば、それだけで意思表示ができるお手軽なシステムです。自分からは動かずにコンタクトが来るのを待つ人もいるものの、やはり自分からコンタクトをとるのが重要です。

代行メールの利用でコンタクトの成功率を上げる

しかし、コンタクトの段階で失敗してモチベーションが低下する人も多く、ツヴァイを利用する上での壁の1つと言ってもよいでしょう。コンタクトがうまくいかないと感じたら、成功率を上げるために代行メールを利用するのも有効です。

お互いに連絡先などは分からない状態なので、200文字の代行メールでやり取りをしてコンタクトを成功させます。代行メールなしでもコンタクトが成功することはあるものの、やはりメッセージがある方が結果には期待が持てるのです。

代行メールが効果的な理由

ツヴァイのコンタクト希望のシステムは気軽に意思表示ができるのがメリットですが、逆に真剣味が伝わらないというデメリットもあります。

コンタクトを希望された側からすれば、真剣にクリックしたのか軽い気持ちでクリックしたのか判断できないわけです。そのため、ただコンタクト希望のボタンをクリックするだけではなく、代行メールでメッセージを添えて真剣であることをアピールするのが重要です。

代行メールの利用制限

ただ、代行メールは頻繁に使えるものではなくて、月に3回までしか使用できないという制限があります。

ツヴァイに限らず、結婚相談所では複数の相手にアプローチして結果を出す人が多いのですが、代行メールの制限があるので誰に対して使うのかはよく吟味しなければいけません。

代行メールに電話番号、メールアドレスなどを載せれば手っ取り早いのではと思った人がいるかもしれませんが、個人情報保護の面から制限がかかるので意味はありません。

また、代行メールの内容は相手だけでなくツヴァイ側にも送信されるので、誰かに見られていることを前提にしてメッセージを書いてください。

女性からのコンタクト希望はくるか?

婚活サイトに登録する女性

受け身の男性がツヴァイに登録した場合、女性からのコンタクト希望を待つケースもあります。本当に女性からコンタクト希望が来るかですが、残念ながらあまり期待はしない方がよいでしょう。

結婚相談所では男性の方から動くべきという風潮があるので、女性は何もせずに待つ人が多いのです。必然的にコンタクト希望を送るのは圧倒的に男性が多く、女性からのコンタクト希望は非常に稀です。

女性からコンタクト希望されるケース

年収、外見などに相当の自信があるなら受け身でいても期待が持てるものの、基本的には女性からのコンタクト希望は来ないものと考えて動くのがよいのです。

女性からのコンタクト希望が来る際の理由は主に2つで、1つ目は先に書いたように男性側に魅力があり気に入ったというパターンです。

その男性が他の女性にアプローチして交際を始めたらどうしよう、このような危機感から女性の方が動いたわけです。受け身だと誰からコンタクトが来るかは分からないので、どうしても会って話をしたい人がいる場合は自分から動かないといけないのです。

2つ目は、婚活がうまくいかないので自分から動かないといけないと感じているパターンです。アプローチされるのを待っていてもまるで声がかからない、このままではいけないと感じているので女性から動いているわけです。

婚活で受け身でいるのは効率が悪い

このように女性から動いている人もいるので、絶対にコンタクト希望が来ないとは断定はできません。

しかし、先に書いたように受け身の場合は相手を指定することができないので、あまり効率がよい方法ではないと思います。

確かに、コンタクトがあった相手なら話も進展しやすいものの、好みに合致しているとは限りません。ツヴァイに提出したような希望の相手がよいなら、女性からのコンタクトを待つのではなく積極的に動くのがベストです。

ツヴァイにはペアメイキングやセッティングサービスなどのサポートのオプションも充実しているので、アピールが苦手ならそれらを駆使するのも有効です。

コンタクトの返事はいつまでに行う?

カレンダー・予定

ツヴァイでは、コンタクト希望のボタンを押すだけで簡単に好意をアピールできます。このコンタクト希望を女性からもらった場合、承諾するか断るかを選択する必要があるのですが、期限は1ヶ月です。

コンタクトを承諾した場合はお互いに連絡先を交換し、あとは2人でのやり取りで関係を進めます。コンタクトの返事は1ヶ月以内と定められているものの、実際問題としては1ヶ月も放置していては相手も呆れるのが普通です。

律儀に待ってくれる人であっても不信感が芽生えても不思議ではありませんし、早々に見切りをつけられて繋がりが途切れるかもしれません。

14日放置でツヴァイから催促される

コンタクトを14日放置した場合はツヴァイから催促のメールが届くのですが、この14日であっても待たせすぎです。

ところが、ツヴァイで婚活をしている人の中には、コンタクト希望を受け取ってから2週間以上も返事を放置している人も珍しくはありません。

ツヴァイで複数の相手とやり取りをしている場合、コンタクトがあってもそのままにしておく選択肢もあるのです。あまりよい言葉ではありませんが、キープ扱いでコンタクトをギリギリまで放置するケースがあるのは事実です。

コンタクトの返信は2日以内に行うこと

もし男性から女性にコンタクト希望のボタンを押して、返事がまるでなかったらイライラとする人も多いと思います。他の人にアプローチをかける人もいるはずですが、このようにコンタクトの返事を放置するのはよい結果は招きません。

コンタクトの返事をいつまでに行えばよいか、システム的には1ヶ月ですが、現実的に考えればコンタクトを確認してからなるべく早くに返事するくらいでもよいでしょう。

すぐには決められないかもしれませんが、できれば1日以内、遅くても2日以内には答えを出すのが無難です。一応、コンタクトを了承してから気が変わった場合はお断りできるのですが、それをやられる方はたまったものではありません。

そのため、コンタクトを了承後に断るのはなるべく避けた方がよく、心変わりしないように選択する必要があります。

コンタクトで返事がこない場合に考えられる理由

老化・考える人・疑問・なぜ

ツヴァイでコンタクト希望のボタンを押したのにまるで返事がこない、これは定番の悩みです。返事がこない理由としては、相手側があえて返事を保留しているパターンがまず挙げられます。

女性は複数の男性からコンタクト希望のボタンを押されていることが多く、競争率が異様に高い人も珍しくはありません。このような場合は女性の方が優位なので、コンタクトが来た場合に保留する場合もあるのです。

人気の女性ほどコンタクトの返事が遅くなる可能性が高い

普通なら返事を保留して待たせるのはよくないことですが、明確に返事がないままキープされるパターンもあります。また、コンタクトが多い場合には見落とすことも十分に考えられ、ツヴァイのシステムによる催促があって初めて気づくこともあるのです。

このようなコンタクトを了承するか断るかの段階で返事がこないというのも悩みどころですが、コンタクトを送って了承されたのに返事がこないパターンもあります。

ツヴァイではコンタクト希望のボタンを押し、相手が了承したら連絡先が交換されてやり取りを始められる仕組みです。

女性が受け身でいるか興味を持たれていないことも

この段階で多くの人が悩むポイントが、連絡先を交換した後でどちらから声をかけるか、です。女性は受け身の人が多く、また男性の方からアプローチするべしという風潮もあるので男性から行動するケースが多いのですが、ここで返事がこないと何となく落ち込むものです。

コンタクト自体の返事が遅い人の場合、了承後に連絡しても返事が遅い人が多く、これはあまり興味を持たれていないと考えられます。

そこまで興味はないけれども断るのもどうかと思っているので、返事が妙に遅いという結果に繋がるわけです。すでに女性が他の人とやり取りをしている時に起こりやすいパターンで、このような場合に相手を振り向かせるのは簡単なことではありません。

また、メールで連絡した場合、文面の方に相手を不愉快にさせるようなものがあるなら連絡がこなくても何の不思議もないので、1通目の文面は特に注意が必要です。

なかなかコンタクトでOKがもらえない人場合

チェック・ポイント

紹介書をどう記載するか、これはツヴァイで婚活する上で重要なポイントです。相手がまずチェックするのは紹介書なので、ここで他の人との差別化がされていないと埋もれてしまうのです。

ツヴァイでは、コンタクトでOKがもらえないと悩んでいる人が多いですが、あまりにもコンタクトで失敗が続いているようなら紹介書を見なおすのも手です。

紹介書を見直すポイント

紹介書の自己PRの欄でよくあるのが、真面目や誠実といったキーワードを連想させるものです。もちろん、真面目さや誠実さがないのは問題なのですが、真面目さや誠実さだけをアピールするのはあまりよいことではありません。

真面目さや誠実さは多くの男性が自己PRに書くポイントなので、女性が見ても特に印象に残らないのです。これといったアピールができないまま忘れ去られる、これがツヴァイでうまくいかないパターンの1つです。

真面目さや誠実さがあるのは当たり前で、そこから他の人と何が違うのかをアピールしなければいけません。もっとも、ほとんどの人は自己PRの時点で何かしらの失敗をしているので、マイナスの印象を与える言葉をなくすだけでも相対的によく見えます。

相手にプラスの印象を持たれる言い回しが大切

「私は煙草を吸わない」から「同じように煙草を吸わない人を希望します」といった文面は、結婚相談所ではよく見かけられるのですが、これはあまりよくはありません。

文面は丁寧に書かれていても、自分に合わせろと言っているのと同じなので、プラスの印象は与えられないのです。そのような相手に求めるものはそれぞれありますが、わざわざコンタクト前の時点で明言する必要はないでしょう。

また、マイナスポイントをあえて記載している人も多いですが、これも自己PRでは不要な部分です。就職活動ではマイナスをプラスに言い換えますが、婚活でも同様にプラスの面をアピールする必要があります。

どんな家庭を作りたいかは自己PRでは定番ですが、相手にとってどんなプラスの面があるのかを意識して文章を作ってください。

会員に女性が多いツヴァイでの婚活がおすすめ

イオングループが運営する婚活サイトがおすすめ

イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

イオングループで、業界唯一の東証二部上場の結婚相手紹介サービス『ツヴァイ』です。
会員数約36,000人。全国56か所のネットワークでしっかりサポートします!

第4位

イオングループで、業界唯一の東証二部上場の結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」です。

会員数約36,000人。全国56か所のネットワークでしっかりサポートします!

理想の相手とめぐりあう為に、ツヴァイは7つの出会いをご用意しました♪
ツヴァイならではの充実した出会いのシステムにより、お客様のライフスタイルに合った活動方法で素敵なお相手を見つけることが出来ます!

ツヴァイの恋愛傾向診断はこちら

お客様のご要望ご意見をおうかがいしながら、マリッジコンサルタントが最適なプランをご案内いたします♪

イオングループが運営するツヴァイ は女性の会員が多いことも特徴的な婚活サイトです。登録している会員数も楽天オーネットに次ぐ2位と、出会いの可能性を広げるのに十分な人数となっています。


ツヴァイの概要はこちらの動画でも説明されています。

ツヴァイの料金について詳しくはこちらの記事を参照ください。

今回紹介するツヴァイは1年間活動した場合の料金は婚活サイトの平均的な料金で利用することができるようになっています。 それでは、イオングループで、業界唯一の東証二部上場のツヴァイで1年間活動した場合の料金について紹介します。
この記事をご覧の方にはツヴァイの恋愛傾向診断がおすすめです。

関連記事「25歳から33歳の間で婚活したいと考えている人にオーネットをおすすめする理由

今回紹介するのは、私も結婚相手を見つけるために利用した婚活サイトのオーネットです。 今回はオーネットの詳しい情報などではなく、25歳から33歳の間で婚活したいと考えている方にオーネットをおすすめする理由になります。

婚活の有用性に関しては、下記の書籍をお読みいただくのがいいと思います。とにかく出会いの確率、回数を増やすことがどれだけ効果のあることかが分かります。

渡辺正樹、27歳、弁理士。誠実でまじめなことが取り柄だが、恋愛ではいつも失敗ばかり。そんな僕が、ひょんなことから「恋愛工学」のマスターに出会う。そして、真実の愛を探す冒険に旅立った。

「恋愛工学を知れば知るほど、そして、実際にたくさんの女の行動を目の当たりにすればするほど、世間に広まっている恋愛に関する常識は、すべて根本的に間違っていることを確信した。恋愛ドラマやJ-POPの歌詞、それに女の恋愛コラムニストがご親切にも、こうしたら女の子にモテますよ、と僕たちに教えてくれることの反対をするのが大体において正しかった。」