パートナーエージェントの婚活でコンシェルジュのアドバイスを効果的に活用するために必要な知識

あなたにおすすめの婚活サービス
コンシェルジュ・アドバイザーからの紹介

みなさんこんばんは。

当サイト”会えるんです”をご覧いただきありがとうございます。

当サイトはアラサー男性に向けた婚活サイトの利用方法、アラサー男性が婚活中に悩むことについてのお役立ち記事に特化したサイトとなっています。

女性の方やアラフォー、アラフィフの男性の婚活に関しては参考にならない情報が多いと思います。アラサー男性以外の方は別の婚活サイト・婚活ブログを参照いただくようお願いします。アラフォー、アラフィフの方はこちらの記事がおすすめです。

パートナーエージェントで婚活をしようと考えている方の中には、コンシェルジュにどんなことを相談すればいいのかや、コンシェルジュと相性が悪かった時に変更する方法を事前に知っておきたい方もいると思います。

今回は、パートナーエージェントの婚活で、コンシェルジュのアドバイスを効果的に活用するために必要な知識について説明します。

この記事をご覧の方には「パートナーエージェントで婚活を始める方に知っておいてもらいたいこと」もおすすめです。

パートナーエージェントで婚活を始めようか迷っている方に、パートナーエージェントの強み、他の婚活サイトとの比較、パートナーエージェントが適している人や別の婚活サイトを選んだほうがいい人などを紹介します。
全く新しい結婚情報サービスはパートナーエージェント

スポンサーリンク

パートナーエージェントのコンシェルジュについて

紹介状|紹介|案内

結婚相談所のパートナーエージェントを利用する人には、必ず専任のコンシェルジュがつきます。コンシェルジュの人はコーチングスキルで結婚までのアドバイスをしてくれ、二人三脚で成婚を目指すのです。

コンシェルジュのコーチングスキル

コーチングスキルとは、目標達成のために何をすればよいのかを相手に気づかせるためのスキルです。一般的には上司と部下の関係で使われるケースが多いですが、婚活の分野でも役立ちます。

結婚に対してどのような認識があるのか、理想はどんな結婚なのか、これらが人によって違うからこそ婚活では苦労するのです。

パートナーエージェントのコンシェルジュはコーチングスキルを駆使して、結婚までの具体的な道のりを明確にしてくれます。明確な答えがない分野だからこそ、コンシェルジュのコーチングスキルによる気づきが重要です。

パートナーエージェントが重視するPDCAサイクル

パートナーエージェントはPDCAサイクルを重視しており、結婚までの計画を立ててから行動に移し、そして相手からの評価を経て自分自身を見直す、これが婚活の基本的なサイクルとされています。

これらのサイクルのいずれにもコンシェルジュは大きく関わっているので、パートナーエージェントを利用するなら些細なことでもコンシェルジュに相談するとよいでしょう。

コンシェルジュの具体的な仕事

具体的なコンシェルジュの仕事としては、まずお見合いの相手を見つけることが挙げられます。パートナーエージェントではそれぞれに専任のコンシェルジュがついているので、相手のコンシェルジュともやり取りをした上でオファー紹介が来るのです。

どのような相手がよいかの希望は必ず提出するのですが、コンシェルジュの人には希望を具体的に伝えてください。仮にお見合いで失敗した場合でも、駄目な理由はフィードバックされるので無駄にはなりません。

パートナーエージェントのコンシェルジュはうまくいかない時も、交際が始まってからも相談に乗ってくれます。最終的に成婚退会してパートナーエージェントを去る時まで、コンシェルジュの力を借りられるのです。

関連記事「パートナーエージェントを退会する場合は成婚退会と中途退会の2種類

パートナーエージェントを利用して婚活をしようと考えている方の中には、退会時にどのような手続きを取ればいいのか気になっている人もいると思います。 今回は、パートナーエージェントを退会する場合は成婚退会と中途退会の2種類があることについて紹介します。

コンシェルジュに必ず聞くべきこと

チェック・ポイント

パートナーエージェントの担当コンシェルジュの人とどう信頼関係を築くか、これは重要なポイントです。理想の相手と巡り合うのがパートナーエージェントに入会する目的なので、理想についてはなるべく詳しく話す必要があります。

ただ単に好みの異性のタイプを指定するのではなくて、どのような家庭を築きたいのか、どのような関係が理想なのかも欠かせない情報です。コンシェルジュは色々な会員とやり取りをしており、成功事例や失敗事例も多く見ています。

そのため、担当のコンシェルジュから見た場合にどのような欠点があるのか、同様の欠点を抱えていた人がどのように結婚までたどり着いたのかはぜひ聞いておいた方がよいでしょう。

コンシェルジュから見た自分の欠点

パートナーエージェントでは失敗を踏まえて新たな出会いを成功させる仕組みを作っているので、過去の事例は参考になります。あと、結婚に対する認識が現実的でないのもよくあるパターンなので、何かおかしな結婚観を持っていないかも聞いて損はありません。

パートナーエージェントに登録している異性とお見合いをしても、うまくいかないケースは珍しくはありません。

こちらから断る場合もあれば相手から断られる場合もあり、相手から断られたのなら次の機会に失敗をどう活かすかが重要です。

コンタクト後の交際が成立しない理由

パートナーエージェントではコンタクト後に交際を望まない場合、必ず駄目な理由を記載します。

この駄目な理由を参考にして次の出会いでは失敗しないように改善するのですが、実際には異性からの情報だけでは今ひとつ実感がわかないケースも多いのです。

駄目な理由が詳細に記載されるとも限らないので、実感できないようならコンシェルジュに噛み砕いて説明してもらうのも手です。

また、ファーストコンタクトの際の詳しい話をして、どこか改善点はないかコンシェルジュに相談するのも有効です。コンシェルジュは婚活のプロと言っても過言ではないので、コンタクトの際に改善した方がよい点をアドバイスしてくれます。

関連記事「パートナーエージェントでファーストコンタクトの結果確定待ちの間に確認しておくこと

パートナーエージェントで婚活をしている方の中には、パートナーエージェントのファーストコンタクトがどういう結果になるのか確定待ちをしている方もいると思います。 今回は、パートナーエージェントでファーストコンタクトの結果確定待ちの間に確認しておくことについて説明します。

交際中でもコンシェルジュに相談できる

コンシェルジュ・アドバイザーからの紹介

結婚相談所のパートナーエージェントで成婚までたどり着く人が多いのは、コンシェルジュの的確なアドバイスがあるからです。コンシェルジュへ相談できるのはコンタクト前、そしてコンタクトから実際に交際を始めるまでとイメージする人もいるかもしれません。

しかし、実際にはパートナーエージェントを成婚退会するまでならコンシェルジュに自由に相談できるので、交際中であってもコンシェルジュのアドバイスが役立つ場面があります。

交際がスタートしても成婚退会まで一直線ではない

交際がスタートしたらあとは成婚退会まで一直線というわけではなく、実際には成婚にたどり着かないケースも珍しくはありません。

一般的な交際のイメージとパートナーエージェントの交際はだいぶ違い、パートナーエージェントでは連絡先を交換して次のステップに進むまでの期間です。

そのため、パートナーエージェントでは交際の段階なら複数の人と付き合うことも認められています。最終的に誰かと真剣交際を始めるなら、以降は他の人との交際はできず、新たな紹介もありません。

交際から真剣交際に行くまでの間でうまくいかないケースも多いので、交際中でもコンシェルジュに相談してアドバイスをもらうのがよいでしょう。

意外と多い女性に慣れていないという失敗

相手が複数交際しておりうまくアピールできない、このようなケースも多いものの、男性によっては女性に慣れていないので失敗するケースも多いのです。

どのようにコミュニケーションをとればよいのか、どう結婚までの話を進めればよいのか、これらは経験がないとなかなか分からないものです。

そのため、何をどうしてよいか分からないようならコンシェルジュに積極的に相談するのが有効です。パートナーエージェントのコンシェルジュは、交際中であっても適切なアドバイスをくれます。

交際が決まってからも頼るのは恥ずかしいと感じるかもしれませんが、頼らずに失敗するくらいならコンシェルジュに積極的に相談して、コンタクト前の時のように対策を練るのが重要です。

コンシェルジュとの相性がよくないケース

結婚後に変わる人

パートナーエージェントのコンシェルジュは非常に頼りになる存在ですが、相性の問題で不満を感じるケースもあります。

パートナーエージェントではコンシェルジュの育成に力を入れていて、300時間以上のコーチングスキルの研修を経ているのです。

婚活のコーチングに関してはレベルが高いものの、それでも相性の問題だけは簡単には解決できません。

コンシェルジュの積極性を不満に感じてしまうことも

例えば、積極的に会員に対してコミュニケーションをとるコンシェルジュは高く評価されるケースが多いものの、引っ込み思案の人の場合は苦手に感じても不思議ではありません。

また、コンシェルジュと年齢差があると考え方にも差があるケースが多く、これも相性の悪さに繋がります。

婚活中は焦りから些細なことでイライラする人も多く、相性の悪いコンシェルジュが担当の場合は精神的に疲れるのです。我慢を続けるとより大きな問題が起こることも考えられるので、どうしても合わないと感じたのならコンシェルジュの変更の手続きをとってください。

自分の理想から外れた女性ばかり紹介される

また、相性自体は悪くなくても、オファー紹介で理想から外れた人ばかりが来るのも問題です。コンシェルジュは会員の希望に沿って理想の相手を紹介してくれるのですが、相手選びの感覚も人によって違います。

条件には合致しているけれども何か違う、そのように感じたのならまずはよく話し合うのが基本です。しかし、それでも改善しないようならコンシェルジュ変更の手続きをとるのもやむを得ません。

コンシェルジュの変更方法

コンシェルジュを変更するためには自分が所属している店舗に申し出ればよく、手続き方法は非常に簡単です。それだけで新たな専任コンシェルジュがつくので、気持ちを一新して婚活に臨んでください。

ただ、婚活が順調に進む人は稀で、ほとんどの人は失敗を繰り返しながら結婚相手を見つけます。

失敗の際のコンシェルジュからの言葉をネガティブに捉えてしまい、相性が悪いと感じるケースも多いでしょう。本当に相性が悪いのか、精神的に疲れているからそう感じるだけなのかは見極める必要があります。

関連記事「【経験談】婚活がうまくいかず疲れてしまった時におすすめの対策

今回は、婚活がうまくいっていない人や婚活に疲れてしまった人のために、私自身の経験をお話しすることで、婚活がうまくいかない時や疲れてしまった人への対策となればいいと思っています。

専任の担当者と1対1で進める婚活なら
パートナーエージェントがおすすめ

専任コンシェルジュによる1:1の婚活サイトがおすすめ

パートナーエージェント

1:1のコンシェルジュ制度により、
あなたの魅力や人生観、
将来のビジョンをしっかりと理解したうえで、
最適なパートナー探しのサポートをいたします。
コンシェルジュがあなたをお待ちしております、
あなたも理想のパートナーを見つけてみませんか?

第5位

パートナーエージェントは結婚相手探しのエージェントです。もっとも信頼出来る結婚情報サービスを目指して設立されました。

何よりもおすすめは「専任コンシェルジュによる1:1の担当制」

信頼できる結婚情報サービスを目指して、「4つの約束」
  • プロミス1
    専任コンシェルジュによる1:1の担当制で、
    データだけにかたよらない「対話」による最適な出会いを実現します。
  • プロミス2
    外的条件だけでなく、独自の入会基準によって審査した
    安心してご利用いただける会員構成です。
  • プロミス3
    明確で安心の料金体系。
    お支払いは月毎の後払いシステムで、成婚料はいただきません。
  • プロミス4
    お客様のご意向を最優先し、無理に入会をお勧めしません。

コンシェルジュがきめ細やかなサービスをしてくれるのはパートナーエージェントだけです。コンシェルジュとの相性が気になる方や、料金の高さが気になる方はオーネットエン婚活のサービスとも比較してから選ぶことをおすすめします。

この記事をご覧の方には「楽天オーネットとパートナーエージェントの比較|おすすめの婚活サイトはどっち?」も参考になります。

今回はそんな話題の楽天オーネットとパートナーエージェントについて、1年間婚活をした場合の料金や提供しているサービスから、よりおすすめの婚活サイトを紹介したいと思います。
全く新しい結婚情報サービスはパートナーエージェント
パートナーエージェントの概要はこちらの動画でも説明されています。

婚活の有用性に関しては、下記の書籍をお読みいただくのがいいと思います。とにかく出会いの確率、回数を増やすことがどれだけ効果のあることかが分かります。

渡辺正樹、27歳、弁理士。誠実でまじめなことが取り柄だが、恋愛ではいつも失敗ばかり。そんな僕が、ひょんなことから「恋愛工学」のマスターに出会う。そして、真実の愛を探す冒険に旅立った。

「恋愛工学を知れば知るほど、そして、実際にたくさんの女の行動を目の当たりにすればするほど、世間に広まっている恋愛に関する常識は、すべて根本的に間違っていることを確信した。恋愛ドラマやJ-POPの歌詞、それに女の恋愛コラムニストがご親切にも、こうしたら女の子にモテますよ、と僕たちに教えてくれることの反対をするのが大体において正しかった。」