私は婚活サイトのオーネットを利用して結婚相手を見つけました!

一生独り身でいることを覚悟できる人だけが婚活をやめなさい

孤独・佇む女性 サイト登録前の悩み
スポンサーリンク
みなさんこんばんは。

当サイト”会えるんです”をご覧いただきありがとうございます。

当サイトはアラサー男性に向けた婚活サイトの利用方法、アラサー男性が婚活中に悩むことについてのお役立ち記事に特化したサイトとなっています。

女性の方やアラフォー、アラフィフの男性の婚活に関しては参考にならない情報が多いと思います。アラサー男性以外の方は別の婚活サイト・婚活ブログを参照いただくようお願いします。アラフォー、アラフィフの方はこちらの記事がおすすめです。

人は一人で生まれ、一人で死んでいきます。しかしその過程において、誰かと共に人生を共有する生き方は、一生独り身で生きていくよりもはるかに多くの幸せと喜びを生み出します。

結婚がもたらすしみじみとした幸福感と安らぎは独り身では決して味わえないものです。

結婚をしたいけれど出会いがない、出会いがないから結婚できない…鶏が先か卵が先か?ではありませんが、この問いには恐らく答えが出ないでしょう。

出ないからこそ悩むものです。一生独り身でいることを覚悟できている人は貫いてください。

でももし結婚したい、誰かと共に人生を歩んでいきたい、と思うなら、その誰かを探し出しましょう。その誰かもあなたを探しているはずです。

まだ会えていないだけ、きっといつか出会える日がやってきます。その日のために少しずつ準備を始めましょう。

この記事をご覧の方には「男性の結婚適齢期は何歳か?35歳までにはなんて思っていると一生独身かも」も参考になります。

男性の結婚適齢期は何歳か?35歳までにはなんて思っていると一生独身かも
晩婚化が進んでいるためか、年齢も重視される女性に比べて、比較的男性側は結婚適齢期に関して考えることが少ないと思います。 私は今30代前半ですが、周囲にいる友人や知り合いも、独身の人もいれば結婚して子どもができている人もいる状態です。しかし、さすがに30歳を過ぎると独身である人は少数派になっていきます。
あなたの“結婚力”を診断しませんか?

スポンサーリンク

生涯未婚率が25%に一生独身の人が多くなる

ユーザビリティ・ユーザーエクスペリエンス・ビックリ・驚き

日本における男性の生涯未婚率は約25%と言われています。生涯未婚率とは50歳まで一度も結婚をしたことがない人の割合を示す値で、5年に1度国勢調査を元に算出されています。

直近の調査は2015年ですが、前回調査の2010年より男性、女性ともにその割合が急増しています。

25%とは実に4人に1人が一生独身のまま生涯を終えるのです。一生独り身という生き方は今や珍しいことではなくなっています。

生涯未婚率が上昇していても結婚したい人が減ったわけではない

生涯未婚率が過去最高に上昇している一方で、「いずれ結婚するつもり」と考えている未婚者は男女ともに85%以上というデータもあります。

25~34歳までの未婚者が結婚しない理由は「適当な相手にめぐり会わない」が上位です。

ほとんどの事がネットを通してできてしまう今の社会では、わざわざ人に会ったり交わったりしなくても事が済んでしまうものです。

「出会いがない」という理由の一つは間違いなくネットの普及によるものでしょう。

自分の本音に向き合っているか?

また「適当な相手」というものが一体何を指しているのか、言っている本人ですらよく分かっていない事があります。

SNSの普及によって他人のプライベートや考え方などが容易に見えるようになりました。SNSは上手く利用しないと常に他人の生活が気になったり、人の価値観に影響されやすくなったりします。

自分にとっての結婚を考えた時、どことなく他人の価値観に影響されていないでしょうか。

自分が本当は何を求めているか、自分の本心に気づいているでしょうか。結婚は誰のためでもなく、自分のため、そしてパートナーのためです。

ここをしっかり認識することが、ブレない価値観を保つ一つのヒントとなります。

結婚は損なのか?高所得者ほど損しやすい

質問・疑問・なぜ

未婚者が結婚しない理由の一つに「結婚資金が足りない」というものがあります。これは特に男性に多い回答です。確かに結婚、そして家庭生活を営んでいくには経済力が必要です。

今は共働きも当たり前となり、男性一人が経済的負担を負う必要性も薄れてきてはいますが、やはりまだ「男は家族を養うべき」という考えを強く持つ男性は一定数存在します。

結婚相手が決まっている場合なら貯金をする意欲も湧きますが、まだ結婚が遠いものである場合、それに備えて貯金をする気にもなれない、結婚資金が貯まらないから結婚したくない…これは一種の負のサイクルと言えるでしょう。

高所得者が結婚を敬遠する理由

最近では、高所得者の男性が結婚しないケースも増えています。高所得者の傾向として仕事ができ責任感も強く頭もいい、つまり何でも一人でできてしまうという特徴があります。

婚活市場での市場価値は最高ランクのため、放っておいても女性は寄ってきますが、女性に対する理想が高いため、なかなか絞り切れないようです。一人暮らしが長くなるとそれなりに家事もこなせてしまうため、女性と暮らすメリットを感じないという人もいます。

さらに今まで一人で自由に使えていたお金を、パートナーと財布を一つにしなければいけないのか?と疑問を抱える人も多くみられます。独身であれば自由に時間を使えるのに、結婚したらパートナーや家族に自分の時間を奪われてしまう事が我慢できないという人もいます。

このように、結婚は自分からお金も時間も奪い取り生活の質を下げるリスクがある、自分は結婚すると損をする、と考える高所得者男性は確実に増えているのです。

昔の人がほぼ全員結婚できたのはある意味無理やり結婚させたから

学習・スケジュール・確認

ひと昔前までは結婚とはするのが当たり前、40歳過ぎても結婚しない男性は何か問題があるのではないか、など失礼な噂を立てられたりしたものです。

親戚の集まりなどでも独身だと肩身の狭い思いをしたり、親にあれこれ言われたりして最後は仕方なく殆ど親が決めたような相手と結婚した、という例はいくらでもあります。

日本全体でみた場合、今でもそのような雰囲気が残っている地域もまだあるようです。

ほんの数十年前は「結婚しない選択肢」などなかった

そもそも昔は「結婚はするもの」という大前提があり、結婚しない人生を想像する余地があったのかすら疑問です。昔の人の生き方はとてもシンプルで分かりやすいものでした。

周りの大人(多くはおせっかいな親戚のおばさんや世話好きな上司など)は適齢期の若者にせっせとお見合い話や縁談を運んできては、隙あらば無理矢理にでも結婚させようとしたものです。

いつの時代の話だ?と思われるかもしれませんが、今から30年ほど前、昭和の終わりの頃まではまだそんな雰囲気が漂っていました。

「みんな=自分の周囲」から「みんな≠日本全体」に

ネットというものが存在しない時代は、誰が結婚した、どこの家で子供が生まれた、などという話は親戚や友人、または隣近所、職場の人の話しか耳に入りませんでした。

「周りはみんな結婚している」の「周り」とはごく狭い範囲で、自分だけが結婚していない、というイメージは実感として分かりやすいものだったでしょう。しかし今や「みんな」と言ったら日本の人口1.2億人を指す感覚です。

もはや「みんな結婚しているんだからあなたも結婚してちょうだい!」などという親の声は、子供には響きません。親もよほど世間知らずでなければ、その事に気づいているでしょう。

そもそも1人暮らしはコスパが悪い
早めに2人以上で住むなら結婚するのが一番

確認・チェック・案内

一口に独身といっても、親と同居している場合と一人暮らしをしている場合とでは話が全く異なります。親の干渉レベルという尺度もありますが、何といっても違うのは生活面でのコスパでしょう。

ここでは「一人暮らし」を前提として検証していきます。

一人暮らしのコスパの悪さ

一人暮らしのコスパは最悪で、その効率の悪さは家賃と食費光熱費を見れば一目瞭然でしょう。

特に都会で仕事をしながら一人暮らしをしている場合には、一日でも早くそこから脱出することが、将来に渡り自分の財産を食い潰すリスクを減らすことにつながります。

そこで問題になるのが、「じゃあ一体誰と暮らすのか?」ということです。

兄弟や友人と暮らすのも意外に上手くいかない

一番気楽なのは兄弟や気心の知れた友人でしょう。しかしお互いの職場や生活ペースを考えた場合、なかなかそう上手くいかないのが現実です。

また、どちらかが結婚したり転勤になったりすれば、あっさり同居は解消されてしまいます。

同棲より結婚の方が社会システム上優遇される

もしお付き合いをしている女性がいた場合、一緒に暮らす=同棲です。

これは実際に増えているケースで、特に結婚や入籍に拘らない場合は、この同棲状態が長く続くケースもあります。

しかし、今の日本の社会システムでは同棲は不都合が多く、これもコスパが悪いのです。

税制や年金、そして健康保険など、生活の基盤となる出費に対して日本の制度は結婚にメリットが生じるように仕組まれています。

つまり同棲をするぐらいなら、いっそのこと結婚してしまった方がメリットが大きいのです。また一緒に暮らしているうちに子供ができ、そのタイミングで結婚に踏み切るカップルもいます。

関連記事「【体験談】婚活サイト オーネットの口コミに対して実体験からお答えします

【体験談】婚活サイト オーネットの口コミに対して実体験からお答えします
婚活をこれから始めようと考えている人は、利用する候補となる婚活サイトや婚活アプリがどのような評価を受けているものなのか気になりますよね。今回は、婚活サイト オーネットの口コミや評判、よくある心配事に関して実際にサービスを利用して感じたことや体験したことを基に紹介します。

25歳~33歳の方が婚活を始めるならオーネットがおすすめ

お見合いができるネット婚活なら楽天オーネットが1番おすすめ

楽天オーネット

そろそろ結婚したいと思っても、
いい出会いがなかったあなた!
周りは既婚者ばかりで…人肌恋しいですよね?
今年もこのまま何もせずに過ごしますか…?
合コンにいい出会いはありますか?
もっと身近に結婚の近道があるかも。

第3位

私が利用している婚活サービスですが、出会いに繋がる婚活なら楽天オーネットが1番だと思っています。

何よりもおすすめは「結婚チャンステスト」

これを受けると、楽天オーネットでどのくらい出会いの可能性があるのかを調べることができます。入会申し込みではないので、気軽にチャレンジできることも魅力です。

最後に私が結婚相手を見つけることができた婚活サイトの楽天オーネットを紹介します。このサイトの紹介書が最も成功確率が高いのは実際に利用している私が保証しますよ。

登録している会員数が全婚活サイト中TOPであることもおすすめする理由の1つです。

このページをご覧の方は25歳から33歳の間で婚活したいと考えている人にオーネットをおすすめする理由も参考になります。

25歳から33歳の間で婚活したいと考えている人にオーネットをおすすめする理由
今回紹介するのは、私も結婚相手を見つけるために利用した婚活サイトのオーネットです。 今回はオーネットの詳しい情報などではなく、25歳から33歳の間で婚活したいと考えている方にオーネットをおすすめする理由になります。

婚活サイト オーネット 1年間の活動費用+登録費用

婚活サイト オーネット
1年間の活動費用+登録費用
摘要料金備考
入会金30,000 円税別
活動初期費用76,000 円税別
月間活動費13,900 円税別
月間活動費*12ヶ月166,800 円税別
成婚料0 円かかりません
登録費用
+年間活動費用
272,800 円税別

オーネットのより詳しい料金についてはこちらをご覧ください。

婚活チャンステストが特徴的な楽天オーネットで1年間活動した場合の料金はいくら?
今回紹介する楽天オーネットは1年間活動した場合の料金が婚活サイトの中でも3番目に安い料金で利用することができるようになっているのです。 それでは、婚活チャンステストが特徴的な楽天オーネットで1年間活動した場合の料金について紹介します。
あなたの“結婚力”を診断しませんか?