私は婚活サイトのオーネットを利用して結婚相手を見つけました!

結婚をきっかけに引っ越しする場合に必要な手続き

引っ越し業者 結婚前の悩み
スポンサーリンク
みなさんこんばんは。

当サイト”会えるんです”をご覧いただきありがとうございます。

当サイトはアラサー男性に向けた婚活サイトの利用方法、アラサー男性が婚活中に悩むことについてのお役立ち記事に特化したサイトとなっています。

女性の方やアラフォー、アラフィフの男性の婚活に関しては参考にならない情報が多いと思います。アラサー男性以外の方は別の婚活サイト・婚活ブログを参照いただくようお願いします。アラフォー、アラフィフの方はこちらの記事がおすすめです。

今から結婚をするというカップルの人は、二人とも、あるいはどちらかが引っ越しをすることになるでしょう。

すでに引っ越しを経験している人はいいかもしれませんが、長年実家暮らしをしていたため初めての引っ越しという人も少なくないですよね。

もちろん結婚を前提にした同棲も同じことが言えます。しかし、引っ越しに関する手続きは意外と内容が難しく、なかなか把握しきれていないという人がほとんどではないでしょうか。

引っ越しの手続きで損をしてしまわないためにも、あらかじめ引っ越しについて詳しく知っておく必要があるのです。そのうえ引っ越しにはある程度の資金も必要になってきますし、引っ越しまでにお金を貯める必要もあります。

この記事をご覧の方には「結婚で苗字が変わった人がやっておく必要がある手続き」も参考になります。

結婚で苗字が変わった人がやっておく必要がある手続き
結婚をすると、市役所などで様々な手続きをしなければいけませんよね。たしかに結婚自体は法律上婚姻届けを提出して、入籍をするだけで済ませてしまうことができます。しかし苗字が変わるとなると、他にも様々な手続きをしていかなければいけません。
あなたの“結婚力”を診断しませんか?

スポンサーリンク

引っ越しの手続きを進めるタイミングは?

確認・チェック・案内

まずは引っ越し先の新居を決定することが重要です。最近では不動産屋さんだけでなくネットなどでも部屋を見ることができるため、比較的早めに候補を挙げられるのではないでしょうか。

そして新居が決まってから、まずは契約を交わすことになります。

実は契約を交わしてもすぐに入居ができる訳ではありません。きちんと家賃を払う能力があるのかどうか、審査をすることになるのです。

もちろん収入のない人などは審査の状況によって契約が交わせないことも考えられます。また審査が無事に通り、契約を交わす段階になると、契約を交わす日にちにも気を付ける必要があります。

契約した月から家賃の支払いが発生する

何故かと言うと、契約を交わした時点で家賃の支払いは発生してしまうためです。もし入居日が来月になるとしても、契約すると契約した月の分も家賃を支払わなくてはいけません。

とはいえ、賃貸契約を交わすのは1ヶ月前には連絡をする必要があるため、家賃の支払いは来月からになるように契約時に交渉しておきましょう。

ただし新居としても契約を交わすときの条件はその月でのみ対応する場合があります。

家賃などの条件が翌月には変わってしまうこともある

安易に来月に延ばしてしまうのも、契約内容が変わってしまうことがあるので要注意です。

引っ越しをするタイミングは前々から計画をしておき、損をしてしまわないタイミングを見極めることが大切になります。

新居探しを始めてから1~2か月程度の時間で簡単に引っ越しできるものという考え方では、後悔してしまいますよ。

新居にかかる費用はどのくらい?

費用・金額・計算・料金

では実際に引っ越しをする際にかかる費用はどの程度になるのでしょうか。一般的には敷金、礼金とはじめの家賃分で、約3か月分の家賃が必要だと言われています。

とはいえ、新居にかかる費用は手続きにかかるものだけではありません。さらに引っ越し費用で約10万円、そして家具や家電などで約40万円もの費用が必要になってくるのです。

もちろん場合のよっては大幅に節約することもできますし、どちらかのパートナーの家に引っ越すだけであれば家具や家電などをそろえる必要もありませんよね。

そのため一概に費用がこの程度かかるとは言い切れないものです。

40万~50万の資金は準備しておいた方がいい

しかし引っ越しは思わぬ出費が重なるものなので、なるべく余裕を持てるだけの費用は準備しておくようにしましょう。

万が一の場合に備えておかないと、家賃などが支払えないなんてことになりかねません。引っ越しにかかる費用や購入するものはリストアップしておくと安心できますよ。

とはいえ家賃の支払いは入居日によって変わってくるのではないかと考えしまう人が多いのではないでしょうか。しかし家賃においては携帯電話のような日割り計算というものがないことが多いです。

そのため月初に契約を交わし家賃1か月分の丸々支払ってしまうのが一番おすすめなのです。とはいえ必ず1日に入居しなくてはいけないわけではありません。

契約を交わしてしまえばいつでも入居できるため、自分たちのタイミングで入居しましょう。

引き渡しの際に請求される費用はどのくらい?

学習・スケジュール・確認

新居への引っ越しをする際、実家からではなく一人暮らしなどをしている人の場合は、今住んでいる家を引き渡ししなくてはいけません。

しかし、退去時には退去時にかかる費用と敷金の返金という問題が挙がってきます。

そもそも敷金とは家賃といった債務の担保として預けておく保証金のようなものになりますが、敷金は退去する際に原状回復のための工事費に回されてしまうことがほとんどです。

とは言っても回復工事にかかる費用の支払いは、契約内容に記載されているため支払わないなんてことはできません。

敷金の返還はないものとして考えた方がいい

敷金は工事費を差し引いた金額が手元に戻ってくる可能性もありますが、実際には敷金は手元に戻ってこないものと考えておくのがベストだと言えるでしょう。

初めから敷金は返ってくるお金として計算していては、引っ越し費用が足りなくなるなんてことになりかねません。そのうえ退去時はプラスで費用を請求されることも少なくないのです。

ワンルームなら10万円以上の費用が請求されることは少ない

とはいえ退去時に請求できる金額や割合はきちんと決まっているため必要以上の金額を請求されるようなことはありません。

ワンルームであれば余分に10万円程度は支払うつもりでいると、安心できるのではないでしょうか。

このとき気を付けなければいけないことは、納得のできない傷や汚れなどの請求をされてしまった場合です。

支払いの書類にサインをする前に必ず確認をするようにしましょう。退去時のトラブルは今でも後を絶つことがありません。自分にとって納得できるだけの費用を支払うように心がけましょう。

引っ越しの費用はどのくらい?

確認・チェック

引っ越しにかかる費用は入居時や退去時にかかるものだけではありませんよね。

いざ引っ越しするときに物を運ぶ作業も必要になってきます。もちろん自分たちだけで運べるのであれば費用をかけずに引っ越しを完了できますが、時間もかかります。

また大きな家具を運ぶ場合はなかなか自分たちでは難しいのではないでしょうか。

退去時に万が一部屋の中を傷つけたら回復工事費がかさんでしまうこともありますし、引っ越したばかりの新居にも傷をつけてしまうことを防ぎたいですよね。

引っ越し業者に依頼するなら10万円程度の出費は確実

身近に引っ越し会社でアルバイトをしていたような人がいれば、お手伝いを頼めるでしょうが、周りにそんな人がいるとは限りません。

そのため引っ越し業者に依頼をする人がほとんどになるでしょう。引っ越し業者を利用すると、約10万円程度の費用が必要になります。

支払いタイミングは現金支払いやクレジットカード払いなどの支払い方法や、業者によっても異なりますので注意してください。

引っ越し費用を抑えるなら自分たちで荷物を運ぶしかない

もしも引っ越し費用を少しでも抑えたいのであれば細かい荷物は自分たちだけで運び、どうしても運ぶことのできない大きな家具や家電のみ業者に依頼をするようにしましょう。

業者によって金額の違いはあるかもしれませんが、運んでもらう荷物は少ないほうが安上がりになることが多いですよ。

ただし、新居で家具や家電をそろえるのであれば、購入時に配送してもらうように手続きができるため自分たちだけでも引っ越し荷物を運んでしまうことも可能です。

関連記事「結婚式場を選ぶ時の4つのポイント|資料請求・式場見学・見積もり比較について

結婚式場を選ぶ時の4つのポイント|資料請求・式場見学・見積もり比較について
先日、結婚式場の見学をして日取りの手配までしてきたのですが、結婚式場を選ぶのはほとんどの方が始めての経験ですから、相場感なども含め、どのくらいの価格が適正なのか分からない方が多いと思います。

25歳~33歳の方が婚活を始めるならオーネットがおすすめ

お見合いができるネット婚活なら楽天オーネットが1番おすすめ

楽天オーネット

そろそろ結婚したいと思っても、
いい出会いがなかったあなた!
周りは既婚者ばかりで…人肌恋しいですよね?
今年もこのまま何もせずに過ごしますか…?
合コンにいい出会いはありますか?
もっと身近に結婚の近道があるかも。

第3位

私が利用している婚活サービスですが、出会いに繋がる婚活なら楽天オーネットが1番だと思っています。

何よりもおすすめは「結婚チャンステスト」

これを受けると、楽天オーネットでどのくらい出会いの可能性があるのかを調べることができます。入会申し込みではないので、気軽にチャレンジできることも魅力です。

最後に私が結婚相手を見つけることができた婚活サイトの楽天オーネットを紹介します。このサイトの紹介書が最も成功確率が高いのは実際に利用している私が保証しますよ。

登録している会員数が全婚活サイト中TOPであることもおすすめする理由の1つです。

このページをご覧の方は25歳から33歳の間で婚活したいと考えている人にオーネットをおすすめする理由も参考になります。

25歳から33歳の間で婚活したいと考えている人にオーネットをおすすめする理由
今回紹介するのは、私も結婚相手を見つけるために利用した婚活サイトのオーネットです。 今回はオーネットの詳しい情報などではなく、25歳から33歳の間で婚活したいと考えている方にオーネットをおすすめする理由になります。

婚活サイト オーネット 1年間の活動費用+登録費用

婚活サイト オーネット
1年間の活動費用+登録費用
摘要料金備考
入会金30,000 円税別
活動初期費用76,000 円税別
月間活動費13,900 円税別
月間活動費*12ヶ月166,800 円税別
成婚料0 円かかりません
登録費用
+年間活動費用
272,800 円税別

オーネットのより詳しい料金についてはこちらをご覧ください。

婚活チャンステストが特徴的な楽天オーネットで1年間活動した場合の料金はいくら?
今回紹介する楽天オーネットは1年間活動した場合の料金が婚活サイトの中でも3番目に安い料金で利用することができるようになっているのです。 それでは、婚活チャンステストが特徴的な楽天オーネットで1年間活動した場合の料金について紹介します。
あなたの“結婚力”を診断しませんか?