私は婚活サイトのオーネットを利用して結婚相手を見つけました!

結婚できない男に共通する3つの特徴|全部当てはまる人はやばい!?

おまいらのクリスマス 結婚前の悩み
スポンサーリンク
みなさんこんばんは。

当サイト”会えるんです”をご覧いただきありがとうございます。

当サイトはアラサー男性に向けた婚活サイトの利用方法、アラサー男性が婚活中に悩むことについてのお役立ち記事に特化したサイトとなっています。

女性の方やアラフォー、アラフィフの男性の婚活に関しては参考にならない情報が多いと思います。アラサー男性以外の方は別の婚活サイト・婚活ブログを参照いただくようお願いします。アラフォー、アラフィフの方はこちらの記事がおすすめです。

結婚できない男には共通する3つの特徴があります。

1:全力で取り組んでいることがない
2:収入が低い
3:見た目が悪い

この3つが全部当てはまる人は、相当気合を入れて「努力」をしなければ結婚は厳しいでしょう。

ただ、この3つは全て努力次第で解決できることばかりです。婚活にはある程度決められた必勝のセオリーがあります。まずはそれを理解して一つずつ実践してみましょう。

いざやろうとすると恥ずかしさが先に立ったり、バカバカしく思えてきたりするかもしれません。

でも騙されたと思って一通りやってみて下さい。始めから結婚できないと決まっている男などいません。誰でも結婚できるチャンスと権利があります。

もう少し厳密に言うなら、「誰でも正しい方向性で努力すれば結婚できる」の方が正確です。

この「正しい方向性」という部分がポイントで、ただやみくもに独りよがりの努力を続けても望む結果は得られません。

この記事をご覧の方には「男性の結婚適齢期は何歳か?35歳までにはなんて思っていると一生独身かも」も参考になります。

男性の結婚適齢期は何歳か?35歳までにはなんて思っていると一生独身かも
晩婚化が進んでいるためか、年齢も重視される女性に比べて、比較的男性側は結婚適齢期に関して考えることが少ないと思います。 私は今30代前半ですが、周囲にいる友人や知り合いも、独身の人もいれば結婚して子どもができている人もいる状態です。しかし、さすがに30歳を過ぎると独身である人は少数派になっていきます。
あなたの“結婚力”を診断しませんか?

スポンサーリンク

全力で取り組んでいることがない

バツ・デメリット・反対

全力で取りくんでいることがないなら「婚活」に全力を注ぐこと

「全力で取りくんでいることがない」人は今日から全力で「婚活」に取り組んでください。

何から始めればいいのか分からない、という人はまず婚活サイトなどに登録してみましょう。登録すると勝手に歯車が回りだしますので余計な心配をしている暇などありません。

次から次へとチャレンジが降りかかってきます。

「今、自分が全力で取り組んでいることは婚活だ!」と腹をくくって、そのチャレンジを受けて立つのです。

今の婚活サイトには様々な機能がありますので、しっかりリサーチをして捨て身の覚悟で色々と試してみてください。

婚活に全力になれないなら仕事に全力を注ぐこと

いくらなんでも全力での取り組みが婚活って…と尻込みする人は「仕事」に全力を注ぎましょう。

今の仕事はとてもじゃないけどそんな気になれない、という人は思い切って転職も視野に入れながら、少しでも収入をアップさせるようなキャリアを模索してもよいでしょう。

仕事に不満がある場合、例え結婚できたとしても、その後の結婚生活が上手くいかない可能性が高くなります。

また結婚してしまうと転職はリスクが高くなり、ますます自分の首を絞めることになります。仕事を見直すなら今がチャンスです。仕事に全力で取り組むのも婚活の一環だと認識しましょう。

趣味は必ずしも出会いを広げるものではない

趣味に全力で取り組むことは、婚活的にはあまりおススメできません。

すでにどっぷりはまっている趣味があるなら話は別ですが、趣味を通じた出会いを期待して新しい趣味を始めるのは効率が悪すぎます。

趣味に費やす時間やお金があるならば、サッサと婚活にシフトした方が選択としては賢いでしょう。

「収入が低い」より「収入が低いまま」である原因が重要

財布・0円・1円・金欠・貧乏

「収入が低い」人はちょっとしたマインドチェンジと収入を増やす試みが必要です。婚活では収入の申告も必要なため、ここで一気にテンションが下がってしまう人もいることでしょう。

仕方ないこととはいえ、ここでふるい落とされてしまうのはちょっと酷な話です。

全ての女性が年収1,000万以上の男性を望んでいるわけではない

ただ、収入が低いと言っても定義は人それぞれです。高所得者と比較して低いのか、同世代と比較して低いのか、それとも自分自身が今の収入に納得できていないから低いのか。

女性がいくらぐらいの年収の男性を希望しているかは人それぞれです。必ずしも女性全員が年収1,000万以上を望んでいる訳ではありません。

収入が低い場合、何とかして収入アップさせたいと思うでしょう。

収入を上げようと努力している人は好かれる

その方法は転職、副業、株、投資など、色々とあります。ここで問題となるのは、収入が低いという事実よりも、低いままの原因を改善しようとしないメンタル面です。

収入をアップさせるために何か努力をしている人と、それをただ放置して諦めている人とでは、全く違います。

仕事は自己実現の一つで、仕事と結婚生活もダイレクトに直結しています。

一生懸命で魅力的な人は収入が少なくても好意を持たれる

収入が低くても、今の仕事を心底楽しんで幸せに働いている人であれば、収入の低さが結婚に際してマイナス要素にならない場合もあります。

つまり、収入が低くでも仕事が好きで心が満たされている人や、収入を増やそうと何かしらの努力をしている男であれば、そのひたむきさや行動力に惹きつけられることもあるのです。

収入が低いことが不満でコンプレックスなのに、それに対して何も行動を起こそうとしない人はまず仕事に対してのマインドチェンジと少しでも収入を増やす努力をしてみましょう。

モテる仕組みを理解していない

恋人といる時の雪って特別な気分に浸れて僕は好きです

「見た目が悪い」というのは「顔がブサイク」と同義ではありません。

見た目が悪いから自分はモテない、と思っている人がいますが、それは大きな勘違いです。「見た目が悪い」人は「見せ方が悪い」のです。

つまり、「女性からどう見られるか」を意識しているかいないかの差でしょう。女性への見せ方が悪い人は別の言い方をすればモテる仕組みを理解していないとも言えます。

何故かモテる男は「笑顔」「身だしなみ」「女性への気配り」を忘れない

イケメンでもなく、スタイルも大してよくないのに何故かモテる男が身近にいる人は、その男を観察してみましょう。観察のポイントは「笑顔」「身だしなみ」「女性への気配り」です。

その男はきっとこの3つに関して、平均以上のパフォーマンスをしています。つまり見た目の悪さはパフォーマンスでいくらでもカバーできるのです。

モテる男は必死にならないからこそモテる

モテる男は女性にガツガツせずどこか余裕があります。女性に一直線に突進していくことはありません。

ちょっと押してはひっこめ、忘れた頃にまたちょろっと出して、と女性へのアプローチも緩急をつけることができます。その余裕が女性を引き付けるのです。

既婚者がモテのにも理由がある

既婚者がモテる理由も一緒で、逆にいっぱいいっぱいの男はモテません。

なぜなら「笑顔」が出ないからです。髪を振り乱して突進する男も、「身だしなみ」が整っていないからモテません。「女性への気配り」ができない男は最悪です。

女性が一番欲していることは自分を大切に扱って欲しい、ということだからです。この仕組みを理解しているかどうかで婚活の成果は全く違うものとなります。

モテるために努力することが格好悪いなんて言い訳はやめよう

おまいらのクリスマス

モテる仕組みをいくら頭で理解できたとしても、それを実行しようとしない人がいます。

それはモテるために努力をすることがカッコ悪いと思っているタイプです。「自分のスタイルを貫きたい。自分を偽ってまで女性に好かれたいと思わない」と。

女性にモテる男がそれを言えばサマになりますが、現に今モテていない男が言うと、それは言い訳にしか聞こえません。

婚活期間は自分のスタイルに柔軟性を持たせるのが大切

自分のスタイルを頑なに貫く生き方は男としてはカッコいいですが、婚活期間は一度それを封印しておいた方がいいかもしれません。

スタイルといっても、性格や信条を変えろと言っている訳ではなく、「女性からどう見られるか」を意識して、ちょっと外見にアレンジを加え、女性に気を配るだけです。

女性は男性の顔面レベルをそこまで気にしていない

異性に要求する容姿レベルは男性側の方がはるかに高めです。

お前の顔を見てから言え、と言われようと、譲れないものは譲れないと開き直る男が多いです。しかし女性はその点、実に大らかで、一定の基準さえ満たしていれば易々と合格点をくれるのです。

しかもその合格ラインはあっけない程低めです。

清潔感さえあれば大抵の場合は合格点に届く

女性が男性の容姿に求めるものはたった一言、「清潔感」です。サッパリした髪の毛、スッキリとした顔(ヒゲはNG)、小ざっぱりとした服装、爽やかな香り…これだけです。

髪はボサボサ、無精ひげの残るくすんだ顔、着古したスーツ、汗臭い体臭…さすがにこれだけのマイナス要素満載の男性はいないものですが、一つでも当てはまると一気に全体的なバランスが崩れます。

まずは一つずつクリアしていきましょう。女性からの視線がきっと変わってくるはずです。

関連記事「婚活サイトで出会った女性とお付き合いするまでに必要なデート回数は?

婚活サイトで出会った女性とお付き合いするまでに必要なデート回数は?
概ね顔合わせも含めて、3回デートに行った後にも会ってくれる方は告白すればほぼ100%OKの返事がもらえると言っていいでしょう。 今回は婚活サイトで出会った女性とお付き合いするまでに必要なデート回数について説明します。

25歳~33歳の方が婚活を始めるならオーネットがおすすめ

お見合いができるネット婚活なら楽天オーネットが1番おすすめ

楽天オーネット

そろそろ結婚したいと思っても、
いい出会いがなかったあなた!
周りは既婚者ばかりで…人肌恋しいですよね?
今年もこのまま何もせずに過ごしますか…?
合コンにいい出会いはありますか?
もっと身近に結婚の近道があるかも。

第3位

私が利用している婚活サービスですが、出会いに繋がる婚活なら楽天オーネットが1番だと思っています。

何よりもおすすめは「結婚チャンステスト」

これを受けると、楽天オーネットでどのくらい出会いの可能性があるのかを調べることができます。入会申し込みではないので、気軽にチャレンジできることも魅力です。

最後に私が結婚相手を見つけることができた婚活サイトの楽天オーネットを紹介します。このサイトの紹介書が最も成功確率が高いのは実際に利用している私が保証しますよ。

登録している会員数が全婚活サイト中TOPであることもおすすめする理由の1つです。

このページをご覧の方は25歳から33歳の間で婚活したいと考えている人にオーネットをおすすめする理由も参考になります。

25歳から33歳の間で婚活したいと考えている人にオーネットをおすすめする理由
今回紹介するのは、私も結婚相手を見つけるために利用した婚活サイトのオーネットです。 今回はオーネットの詳しい情報などではなく、25歳から33歳の間で婚活したいと考えている方にオーネットをおすすめする理由になります。

婚活サイト オーネット 1年間の活動費用+登録費用

婚活サイト オーネット
1年間の活動費用+登録費用
摘要料金備考
入会金30,000 円税別
活動初期費用76,000 円税別
月間活動費13,900 円税別
月間活動費*12ヶ月166,800 円税別
成婚料0 円かかりません
登録費用
+年間活動費用
272,800 円税別

オーネットのより詳しい料金についてはこちらをご覧ください。

婚活チャンステストが特徴的な楽天オーネットで1年間活動した場合の料金はいくら?
今回紹介する楽天オーネットは1年間活動した場合の料金が婚活サイトの中でも3番目に安い料金で利用することができるようになっているのです。 それでは、婚活チャンステストが特徴的な楽天オーネットで1年間活動した場合の料金について紹介します。
あなたの“結婚力”を診断しませんか?